真夜中のマーチ

奥田英朗「真夜中のマーチ」を読んだ。

なんか「奪取」を思い出した。
青春ドタバタ。まあ読みやすい。

ちょっとキャラがベタベタだ。まあそれがいいんでしょうね。
ドラマになりやすそう。

あっという間に読めた。
たぶんあれだ、普通に生きてたらこういう人生にはならないので、読み手にそういう非日常を夢みさせてくれるのが読みやすい原因なのかもしれない。

普通のことを普通に書かれてたら読みにくいでしょうしね。

なんか奥田英朗に点が甘めである。
たぶん他の作家だったら「軽すぎる!」と放り出したかもしれん。

何がいいんだろうなあ。いまいち魅力がわからない。
けど読んでしまう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です