7つの贈り物

7つの贈り物

「7つの贈り物」を観た。

ウィル・スミスにウディ・ハレルソンやバリー・ペッパーなど渋いキャスティング。
悲しいストーリーの映画で、最後にスカッとはしない。

じんわり感動作だけど、あのクライマックスはもうしょうがないんだろうが悲しい結末というやつだ。
序盤から中盤にかけては割りとじれったい展開で、どうしたいのかよくわからなかった。けど、終わりにかけて色々繋がりだして、そのまま悲しいラストへどーーんと。

スカッとはしない。
もう一回観るかというと微妙だ。

でも、観てるあいだは確かな感動はあった。
自分は主人公のようになりたくない。と思いました。

関連記事

スリー・ビルボード A mother personally challenges the local authorities to solve her daughter's...
プライベート・ライアン 「プライベート・ライアン」を観た。 何度も観たことある。最後に観たのは8年前なのか。スピルバーグの代表作の一つ。多彩なキャスト陣と当時とし...
25時 「25時」を観た。 刑務所に収監される前の、最後の夜の主人公と、それを取り巻く人間模様。 スパイク・リー監督の作品。   面白くなかった...
アイ, ロボット 「アイ, ロボット」をまた観た。 なんか観るもんないなーでもまだ観たことないのを観るほどパワーはねえなあ、というときに、なんとなく飯の準備をしなが...
ノーカントリー 「ノーカントリー」を観た。 いわずとしれた、アカデミー作品賞受賞作である。 (考えてみれば、日本では受賞後の公開だったんじゃなかろうか。それなの...
ハンコック 「ハンコック」を観た。 前に一度観ている。 そのときに、吹き替えのあまりのひどさに閉口して、もう二度とこの映画は吹き替えでは観ないと決め...