ブリジット・ジョーンズの日記

「ブリジット・ジョーンズの日記」を観た。

実は初めて観たのです。嫁はやはり驚いていた。

 
俺は「どんな面白いもんだろう」と期待して観てしまったよ。有名作品だしなあ。
多くの人の心を捉えるものが当時、あったんだろうと思うよ。

今、観てて思うのは「そんなに…」ということなんだが。
話がね…普通で、どうってことなくて、太った役作りっていうのもなあ…そういうのって役作りか?

ヒュー・グラントの役は、どうしようもない感じだった。
あー書いてて思えてくるんだが、このヒュー・グラントの役の男性のキャラクターがどうしようもないところに、失敗の要因があるんじゃないかと思いました。あのキャラクターの魅力のなさといったら。

それはサントラでごまかしようのないところでしたね。