まっすぐ進め

まっすぐ進め

石持浅海「まっすぐ進め」を読んだ。

男女4人。みんな人格者で、議論して、推測からある真実を導き出す。
いつもの石持浅海クオリティだ。もはや定番か。

つくづく理系な本だ。
連作短編で、ささーーっと読める。たぶん電車の行き帰りで読み終えたような…
石持浅海は頑固職人じゃないけど悪く言えばいつもおんなじで、でもそれがいいというような。

不思議だ。どの作品から読んでも構わないっていうのも。
 

関連記事

賢者の贈り物 石持浅海「賢者の贈り物」を読んだ。 (しかし多作な作家だ) もちろん、「賢者の贈り物」と言えば、オー・ヘンリーの短編であるけど、今回の石持浅海ク...
月の扉 石持浅海「月の扉」を読んだ。 以前に「扉は閉ざされたまま」を読んで、そこそこ面白かったが最後がいまいちで、なんとも評価しにくかったので。 この「...
水の迷宮 石持浅海「水の迷宮」を読んだ。 やっぱり石持浅海だ!という感じのクオリティ。(いまいちだったという…) なんで読むんだろう俺。 暇つぶしを...
人柱はミイラと出会う 石持浅海「人柱はミイラと出会う」を読んだ。 実に石持浅海クオリティ。連作短編集だがそれぞれしっかりトリックを織り込みましたって感じ。 題...
君の望む死に方 石持浅海「君の望む死に方」を読んだ。 登場人物から構成、装丁まで「扉は閉ざされたまま」のシリーズ本。 なかなか面白かったとは思う。どう終わらせる...
耳をふさいで夜を走る 石持浅海「耳をふさいで夜を走る」を読んだ。 主人公は急遽、知り合いの女性3人を殺害することを余儀なくされて、一晩中奔走する。 という話。 ...