まっすぐ進め

石持浅海「まっすぐ進め」を読んだ。

男女4人。みんな人格者で、議論して、推測からある真実を導き出す。
いつもの石持浅海クオリティだ。もはや定番か。

つくづく理系な本だ。
連作短編で、ささーーっと読める。たぶん電車の行き帰りで読み終えたような…
石持浅海は頑固職人じゃないけど悪く言えばいつもおんなじで、でもそれがいいというような。

不思議だ。どの作品から読んでも構わないっていうのも。