まっすぐ進め

まっすぐ進め

石持浅海「まっすぐ進め」を読んだ。

男女4人。みんな人格者で、議論して、推測からある真実を導き出す。
いつもの石持浅海クオリティだ。もはや定番か。

つくづく理系な本だ。
連作短編で、ささーーっと読める。たぶん電車の行き帰りで読み終えたような…
石持浅海は頑固職人じゃないけど悪く言えばいつもおんなじで、でもそれがいいというような。

不思議だ。どの作品から読んでも構わないっていうのも。
 

関連記事

ガーディアン 石持浅海「ガーディアン」を読んだ。 連作中篇2つ。(短編といってもいいかも) ガーディアンと呼ばれる、守護神に主人公は守られていて、主人公に危害...
顔のない敵 石持浅海「顔のない敵」を読んだ。 ああ…また石持浅海を。なんで読むのかね俺は。 楽だからだろうなあ。松本清張全集を連続で読むのは辛い以外の何者で...
温かな手 石持浅海「温かな手」を読んだ。 また連作短編。 限定された空間で、限られた情報で、ディスカッションの果てに解決されるってのは相変わらず。 ...
君の望む死に方 石持浅海「君の望む死に方」を読んだ。 登場人物から構成、装丁まで「扉は閉ざされたまま」のシリーズ本。 なかなか面白かったとは思う。どう終わらせる...
賢者の贈り物 石持浅海「賢者の贈り物」を読んだ。 (しかし多作な作家だ) もちろん、「賢者の贈り物」と言えば、オー・ヘンリーの短編であるけど、今回の石持浅海ク...
BG、あるいは死せるカイニス 石持浅海「BG、あるいは死せるカイニス」を読んだ。 前から題名が気になっていたが、読んでなかった。 読んでみると、なるほど石持浅海クオリティであ...