さよなら渓谷

さよなら渓谷

吉田修一「さよなら渓谷」を読んだ。

なかなか面白かった。
この作者にしては珍しく、文学っぽくなかった。どちらかというと普通の小説っぽかった。

 
幼児が死んで、その母が疑われて、連日マスコミがその家の前に張り付いて、それでやがて母が連行されて。
最近、よくテレビで見るような光景から物語が始まる。

その隣家に住んでいる男女の物語。

全体としてはひねった感じもなく、ただ事実が淡々と明らかになっていく。
吉田修一ってすごい。

 
ただ、文学っぽいほうが真骨頂だと思うしそちらのほうが好きなのだけど。
これはこれで面白かった。

関連記事

元職員 吉田修一「元職員」を読んだ。 なんかハイペースすぎやしないか、吉田修一。 どれもこれも嫌いじゃないが、中篇で薄いというか…分厚いのが読みたくもあ...
日曜日たち 吉田修一「日曜日たち」を読んだ。 面白かった。読んでよかった。 連作短編。なんてことない日常が綴られてなんてことなく話は進行する。軽いんだが、読...
2007年上半期に読んだ本 忘れてたが、2007年1月?6月に読んだ小説。   吉田修一「悪人」 吉田修一「女たちは二度遊ぶ」 吉田修一「ランドマーク」 奥田英朗「家日和...
2008年下半期に読んだ本と、2008年のベスト... 2008年の下半期に読んだ本と、上半期をあわせて一番面白かった本は。 いつも通り、対象となるのは7月-12月に読んだ本で、小説。 石持浅海「ガーディアン...
あの空の下で 吉田修一「あの空の下で」を読んだ。 超短編集+エッセイ。 確かに吉田修一ならではの物語だけど、あまりに超短編なので満腹にならん。 読んでて...
2009年下半期に読んだ本と、2009年のベスト... 2009年の下半期に読んだ本と、上半期をあわせて一番面白かった本は。 いつも通り、対象となるのは7月-12月に読んだ本で、小説。 吉田修一「横道世之介」...