墨田区図書館とは

墨田区の図書館から電話。
あれ。俺、返却日とか間違ったっけか。

「墨田区図書館の●●●と申します。えーと予約中の■■■というCDのことについてなんですが」

あーあれか。
ネットで検索して予約できて、それで現在の待ち人数とかも知ることができるんだけど、あるCDについて予約を入れていたんだがずっと待ち人数1人のままで。つまり俺だけなんだ予約を入れてるのが。それでそのまま数ヶ月経っているので、あれは一体いつになったら借りられるのだろうと思っていたのだ。

「そのCDがどうかしましたか」
「その…ずっと予約を入れていただいてるのですが、これが前の人が返却されないために、長い間このままになってしまってまして。つきましてはいったん予約を取り消しさせていただけないかと思うんですが」
「はあ…」
「その…予約件数に制限がありますので、このままずっと予約したままですと、そちらも予約できる数が少なくなってしまいますしね」
「まあ、予約を取り消すのはいいんですけどね」

何のCDを予約してたか忘れてるくらいだしねえ。

「延滞してる人には、催促しないんですか?」
「します。お電話とお手紙で…それで一度連絡は取れたんですね。返却されるというお話だったんですが、それからまた連絡が途絶えて返却もされておりませんで」

 

「それで?」
「え?」
「それでも返さない人にはどうしてるんですか」
「そう、ですね…まず一ヶ月くらい延滞すると、まず利用カードを停止します。ですのでもう利用できなくなってしまいます」
「………」
「そ、その、実際にその家に伺って、ということもあります。…といっても、こちらではなく、中央の館の人が、ということなんですけど…」

 

ふーん。

「CDを補充しないんですか」
「え?」
「買い足し、しないんですか」
「その…段階には、今はなってないみたいでして」

 

そうですか。