松本清張全集21

松本清張全集21

松本清張全集21「小説東京帝国大学・火の虚舟」を読んだ。

「小説東京帝国大学」が長編。「火の虚舟」は中篇。
どっちも読むのがとてもとても辛かった。

「小説東京帝国大学」は、明治終わりごろの、東京帝国大学に端を発したいくつかのエピソードからなる話。教科書問題とか南北朝の天皇問題とか。

また教科書か。

 
序盤の100ページくらい読むのが辛くって、そしてちょっと面白くなりそうで、それで残りがまた読むのが辛いという。
まず誰が主人公とかない。あとエピソードの興味がわかない。

発表当時に読者はどのように楽しめたんだろう。不思議になってくる。
「火の虚舟」についても同様で、面白くなかったなあ。

 

関連記事

松本清張全集14 松本清張全集14「わるいやつら」を読んだ。 タイミングが良いのか何だか。 読んでいるとき、ちょうどドラマがはじまっているのを意識してなかった。 ...
松本清張小説セレクション32 松本清張小説セレクション32「短篇集I」を読んだ。 これは阿刀田高編集のものである。 「日曜日の読書」にて、「ゼロの焦点」を取り上げた際に記述し...
松本清張全集17 松本清張全集17「北の詩人・象徴の設計」を読んだ。 「小説帝銀事件」も併録。   …といっても、ちゃんと読みきったのは「小説帝銀事件」のみ...
松本清張全集8 松本清張全集8「草の陰刻」を読んだ。 二段組、400ページ超。 すごいボリュームだった。いつまでたっても物語が終わらないんじゃないかという錯覚を...
松本清張全集15 松本清張全集15「けものみち」を読んだ。 面白かった。すごいボリュームでした。 ドラマは見てないけど、嫁に聞いた感じではちょくちょく脚色されてい...
松本清張全集19 松本清張全集19「霧の旗・砂漠の塩」を読んだ。 「霧の旗」「砂漠の塩」「火と汐」の中編三作を収めている。 共通点があるわけでもない…あえて言うな...