久しぶりに椎名誠「本の雑誌血風録」を一気に読んだ。

椎名誠の「哀愁の?」から始まるシリーズは、気が向くと何度も読み返している。
ボロボロになって、再購入したこともあったのではなかったか。

なんか面白いんだ。別に椎名誠の本を全部読んでるわけではなくて、どっちかというとあまり読んでないほうだ。
このサラリーマン時代の話とかが、今、読んでいて面白く感じてしまうんだろう。

本の雑誌血風録 本の雑誌血風録
椎名 誠

関連商品
銀座のカラス〈下〉
銀座のカラス〈上〉
新橋烏森口青春篇
新宿熱風どかどか団
哀愁の町に霧が降るのだ〈下巻〉
by G-Tools

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です