バーン・アフター・リーディング

「バーン・アフター・リーディング」を観た。

俺、コーエン兄弟ってあわないんじゃなかったっけ…という気持ちで観始めた。
まあ終わってみると、「悪くないじゃないか」というくらいには収まった。

不倫やら勘違いやら陰謀やらをごった煮にしたブラック・コメディだ。
つうかブラック・コメディって便利な言葉だ。それは笑えるのか?

キャストが豪華なので少し映画の格もあがります。
映像はちょっと白飛びが極端ですが映画っぽいといえば映画っぽい。ブラッド・ピットには驚いた。

悪くないと思ったし、途中で笑うところもあった。でももう一回観るか?と聞かれたらノーだ。
こういう映画こそ、早めに観ておかないとだな。10年経ってこれ観るかっていうと微妙だ。