the EYE 【アイ】

the EYE

「the EYE 【アイ】」を観た。

これは香港映画なのか…?
トム・クルーズがリメイク権を得たとか喧伝されてた。なんかとにかく怖いらしい。
 
角膜移植をしたら変なものが見えるようになって…という話。

少しも怖くないなあと思った。ときどきCGを使った感じで異形なものがドワーンというのではなあ。
話もなんかアレで、ブラック・ジャックに角膜移植の話ありましたよね、あれを連想してしまったが、ブラック・ジャックのほうが面白かったような。あれ十数ページで何であんな面白いんだ。

 
なんで香港映画を連想したかというと、映像とか俳優とか吹き替えの人とか、とにかくカンフー映画っぽくて、そのうちジャッキー・チェンが出てきても違和感ないくらい、カンフー映画っぽかったから。

 
あと最後の大爆発のシーンは、ありゃあちょっとどうかだな。ミニチュア使ってますみたいな映像は、あれは意図ではないですよね。
非常にもったいない感じ。

続編もあるようだけどなあ。どうだろう。

関連記事

人生スイッチ 「人生スイッチ」を観た。 「瞳の奥の秘密」以来、がぜん侮れなくなったアルゼンチン映画。 本作はアカデミー外国映画賞のアルゼンチン代表であ...
イレブン・ミニッツ 「イレブン・ミニッツ」を観た。 2015年のポーランドとアイルランド合作の映画。 ポーランドの首都であるワルシャワを舞台に、いくつかの物...
アフター・ウェディング 「アフター・ウェディング」を観た。 原題は「Efter brylluppet」である。読めない! デンマーク、スウェーデン、UK、ノルウ...
ホワイトアウト 椎名誠にはまってしまった。「銀座のカラス」上下巻を一気に読む。非常に疲れた。でも「哀愁の-」のほうが面白かった。 「ホワイトアウト」を観た。 ...
ある秘密 愛に焦がれて 「ある秘密 愛に焦がれて」を観た。 色々な賞を受賞した実力作のようだ。主演はPatrick Bruel(誰だろう)、Cécile De F...
パリ20区、僕たちのクラス 「パリ20区、僕たちのクラス」を観た。 カンヌのパルム・ドールを受賞したとのことだ。2008年の作品。主演の先生を演じるFrançois ...