顔に降りかかる雨

顔に降りかかる雨

桐野夏生「顔に降りかかる雨」を読んだ。

乱歩賞受賞作。
ということで、かなり初期のものだろう。

なんといいますか、実に乱歩賞なのです。これまでいくつか乱歩賞の本を読んだけど、どれもこれも似てる。傾向が。
ちょっとした非日常。スリリング。都会。男と女。目新しい職業。それでハードボイルドっぽく。

火サスのクオリティだと思う。
そんなに面白いわけでもない。

これまで桐野夏生の面白かったと思える本に比べれば…である。
ただ、これは有名作で原点なのでしょう。

 
タイトルはちょっといただけない。

 

関連記事

玉蘭 桐野夏生「玉蘭」を読んだ。 なんか桐野夏生ってたくさん読んでみたいとは思ってるんだけど、軽い読み物に慣れてしまった体質には厳しいものがあり、今回は...
残虐記 桐野夏生「残虐記」を読んだ。 文庫版で読んだが、実に薄い本でして、タイトルはドーンとしていて、何から何まで想像つかなかったが。 中身は濃かった。...
2008年下半期に読んだ本と、2008年のベスト... 2008年の下半期に読んだ本と、上半期をあわせて一番面白かった本は。 いつも通り、対象となるのは7月-12月に読んだ本で、小説。 石持浅海「ガーディアン...
メタボラ 桐野夏生「メタボラ」を読んだ。 いや面白かった。 最後のほう、あれ?って感じにもなったけど、それでも全編夢中になって読んだ。 沖縄で記憶喪...
東京島 桐野夏生「東京島」を読んだ。 桐野夏生が「LOST」を作ったらこうなるっていう。 そんな世界観がばっちりです。暴力・SEX・コミュニティ・アイデ...
柔らかな頬 桐野夏生「柔らかな頬」を読んだ。 微妙だったが、それなりの読後感。でも疲れた。 すっげー面白い、ということはなかった。 前半部分はかなりう...