キャンセルされた街の案内

吉田修一「キャンセルされた街の案内」を読んだ。

不思議な作品だった。
短編集なんだけどとりとめもなく、アウトテイク集のような…なんか意味深いようでなんでもないような風景を切り取って、それを文章にしたって感じの。

いきなり始まっていきなり終わるような。

どことなく未発表作品集ぽい、不安定な感じがあるのです。だからアウトテイク。
だけどそれでも吉田修一なのでクオリティ高いんですが。

買ってまで読むかとなると、微妙かなあ。