キャンセルされた街の案内

キャンセルされた街の案内

吉田修一「キャンセルされた街の案内」を読んだ。

不思議な作品だった。
短編集なんだけどとりとめもなく、アウトテイク集のような…なんか意味深いようでなんでもないような風景を切り取って、それを文章にしたって感じの。

いきなり始まっていきなり終わるような。

どことなく未発表作品集ぽい、不安定な感じがあるのです。だからアウトテイク。
だけどそれでも吉田修一なのでクオリティ高いんですが。

買ってまで読むかとなると、微妙かなあ。

 

関連記事

元職員 吉田修一「元職員」を読んだ。 なんかハイペースすぎやしないか、吉田修一。 どれもこれも嫌いじゃないが、中篇で薄いというか…分厚いのが読みたくもあ...
パーク・ライフ 吉田修一「パーク・ライフ」を読んだ。 表題作「パーク・ライフ」と「flowers」の二本立て。「パーク・ライフ」で芥川賞受賞。 …そうす...
横道世之介 吉田修一「横道世之介」を読んだ。 これは面白かった。 ぜひ人に薦めたい本。 横道世之介という主人公の19歳の大学一年の一年間を綴った作品だ...
ランドマーク 吉田修一「ランドマーク」を読んだ。 斬新な構造のビルを設計した人と、それを作る人。 環境とかかなり違う二人の物語で、絡むのかな?と思ったけど...
日曜日たち 吉田修一「日曜日たち」を読んだ。 面白かった。読んでよかった。 連作短編。なんてことない日常が綴られてなんてことなく話は進行する。軽いんだが、読...
熱帯魚 吉田修一「熱帯魚」を読んだ。 短編3つがおさめられている。 どれもこれも、吉田修一ワールドという感じなのだろうか。文学っぽいんだがはっきりしない...