キャンセルされた街の案内

キャンセルされた街の案内

吉田修一「キャンセルされた街の案内」を読んだ。

不思議な作品だった。
短編集なんだけどとりとめもなく、アウトテイク集のような…なんか意味深いようでなんでもないような風景を切り取って、それを文章にしたって感じの。

いきなり始まっていきなり終わるような。

どことなく未発表作品集ぽい、不安定な感じがあるのです。だからアウトテイク。
だけどそれでも吉田修一なのでクオリティ高いんですが。

買ってまで読むかとなると、微妙かなあ。

 

関連記事

7月24日通り 吉田修一「7月24日通り」を読んだ。 さらっと読める中編。 ガール・ミーツ・ボーイ・ミーツ・ガールみたいな感じで、まあ錯綜するラブ・ストーリーだ...
ランドマーク 吉田修一「ランドマーク」を読んだ。 斬新な構造のビルを設計した人と、それを作る人。 環境とかかなり違う二人の物語で、絡むのかな?と思ったけど...
パーク・ライフ 吉田修一「パーク・ライフ」を読んだ。 表題作「パーク・ライフ」と「flowers」の二本立て。「パーク・ライフ」で芥川賞受賞。 …そうす...
2009年下半期に読んだ本と、2009年のベスト... 2009年の下半期に読んだ本と、上半期をあわせて一番面白かった本は。 いつも通り、対象となるのは7月-12月に読んだ本で、小説。 吉田修一「横道世之介」...
東京湾景 吉田修一「東京湾景」を読んだ。 なんかドラマっぽい展開だなあ。ドラマになりやすそうだなあ、と思いながら読み終えた。 あ、ドラマになってるんですか...
長崎乱楽坂 吉田修一「長崎乱楽坂」を読んだ。 実に吉田修一的だった。 これは代表作っぽいんですが、題名が面倒くさそうなので(なんという偏見)、読まないでいた...