最後の息子

吉田修一「最後の息子」を読んだ。

短編集。「最後の息子」「破片」「Water」をおさめる。
どれもさらっと読める短編。

なにげなく関連するキーワードがあったりして、3つまとめていい世界観があった。
「最後の息子」は平凡で、「Water」はひねりのない青春小説。
なので物足りない。でも「破片」は良かった。

3つまとめて良い感じだった。

めちゃくちゃお薦め…というほどでもないが。
一日で読めてしまうだろうから、図書館で借りるなら良いのではないでしょうか。

吉田修一と奥田英朗だったら、いまのところ奥田英朗よりかなあ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です