インサイド・マン

インサイド・マン

「インサイド・マン」を観た。

デンゼル・ワシントンにジョディ・フォスター。そそるキャストにそそる予告編。
ずっと気になってた映画。

スパイク・リー監督か…ほっほお、しゃれたオープニングだなあ。…と、わくわくして観た。

微妙。
物足りない。

なんでしょうか。ひねりがなくもったいない映画だった。
ジョディ・フォスターは、なんで出演したんだ?

銀行強盗の話で、いかに強盗を成功させるかって話なんだが、そこも適当に話は進んで、目新しいところなんか無い。
いったい、今の時代になぜこんなものを…という内容であった。

つくづく予告編なあ…ありゃあずるいだろ。
人質無視で突入したみたいな映像ばっかりでなあ…あれは本編では…

まあいいけどさ。

おすすめできない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です