火の粉

雫井脩介「火の粉」を読み終えた。

うーん、最後は地味だった。
なんというか、ひねったとこはなく、王道のドラマのようであった。簡単にテレビ化できそうな。

あ、テレビ化決定しているようなのな。

まー、どんでん返しがあるほうが良かったけど。
筆力があるのだが、最後が雑なのは「虚貌」と同じか。

それでも面白かった。

 

火の粉 火の粉
雫井 脩介

虚貌〈上〉 虚貌〈下〉 犯人に告ぐ 栄光一途 時の渚
by G-Tools

関連記事

Apple II 1976-1986 「Apple II 1976-1986」を読んだ。 面白かった。充実した内容であった。 Windowsが本格登場する以前、Apple II とい...
重力ピエロ 伊坂幸太郎「重力ピエロ」を読んだ。 いや面白かったねえ。 最後、ちょっとジーンとしてしまいましたよ。 特に大仕掛けもなく、ストレートな話。...
赤朽葉家の伝説 桜庭一樹「赤朽葉家の伝説」を読んだ。 面白かった。 いやこれは非常に面白い本だった。久しぶりに「ああ読み終わるのがもったいない」と焦れながら読み...
プリズム 貫井徳郎「プリズム」を読んだ。 好きか嫌いか、はっきりわかれると思う。 そういう作品であることは間違いない。 俺は、こういうのはありだと思...
邪魔 奥田英朗「邪魔」を読んだ。 長い。そして力作。 「最悪」を超えるインパクトは無かったけど、ぐいぐい読んだ。 なんでこうもごろごろ転がるかな...
密室殺人ゲーム2.0 歌野晶午「密室殺人ゲーム2.0」を読んだ。 これは「密室殺人ゲーム王手飛車取り」の続編である。この「飛車取り」のほうは、なんというタイトルだと思っ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です