冒険してもいいコロ!

冒険してもいいコロ!

「冒険してもいいコロ!」を観た。

Finding Bliss

どこかで予告編を観て、あ面白そうと思った。リーリー・ソビエスキー主演。リーリー・ソビエスキーといえば、なんか売れなさ加減が突き進んで「ウィッカーマン」なんかに出てしまう(しかも脇役)ほどの迷走ぶりだ。しかし嫌いじゃない。

映画監督志望で、卒業して働き口に困って飛び込んだ先が、アダルトビデオの制作会社だった…という話。でも夢を叶えようと奮闘するリーリー・ソビエスキー。あとデニス・リチャーズ(懐かしいな)が、一応ある程度の役で登場。

全体的には、もうちょい裏事情を盛り込んだ、業界物語でも良かったのではという気がしないでもない。アダルトビデオ業界ならではの話ってのは少なくて、むしろグレイズ・アナトミーみたいな軽めのスタイルに終始していた。

でもリーリー・ソビエスキーが主役で頑張ってるのはいいことだと思います。

関連記事

ブランデッド 「ブランデッド」を観た。 ロシアの映画。2012年の作品。凄い過去作品を無理やり発掘してきてDVDスルーのパターンなのかと思った。ジャケッ...
グラスハウス 「グラスハウス」を観た。 ダイアン・レインがかなり老けていた・・・役のためのメイクなのか、そうでないのか。 映画のほうは、なんもひねりがなく、こ...
ディープ・インパクト 「ディープ・インパクト」を観た。 もちろん何度も観たことある…という記憶のはずだが、このブログに書いていないということは書き忘れているか、...
アップライジング 「アップライジング」を観た。 2001年のテレビムービー作品。アメリカ以外では映画としてDVDリリースされた。 テレビムービーながら、制...
アドルフの画集 「アドルフの画集」を観た。 原題は「Max」で、これはジョン・キューザック演じる男の名前だ。これだと何だかわからないので邦題は「アドルフの...
007 ワールド・イズ・ノット・イナフ 「007 ワールド・イズ・ノット・イナフ」を観た。 随分と久しぶりに観たことになる。しかしソフィー・マルソーとデニス・リチャーズの存在感に...