邪魔

邪魔

奥田英朗「邪魔」を読んだ。

長い。そして力作。
「最悪」を超えるインパクトは無かったけど、ぐいぐい読んだ。

なんでこうもごろごろ転がるかなあというくらい、人の不幸がうじゃうじゃと描かれる。
どう言っていいかわからんが、まあ面白かった。

長かったけどね。

それにしても奥田英朗、おそるべし。
いまどんどん図書館に予約を入れている。

今年の前半は伊坂幸太郎ばっかりだったけど、後半は奥田英朗ばっかりだなあ。
あと吉田修一とか。

 

邪魔〈上〉
奥田 英朗

邪魔〈下〉 最悪 マドンナ 東京物語 延長戦に入りました
by G-Tools

関連記事

静かな爆弾 吉田修一「静かな爆弾」を読んだ。 なかなか面白かった。 吉田修一の最高傑作ではないけれど、いつもいつもクオリティ高めだなあ。 番組制作をす...
サウスバウンド 奥田英朗「サウスバウンド」を読んだ。 なんか最近は奥田英朗ばっかりだな。 前半と後半で、がらりと舞台が変わる。 ずいぶんと変わるのだ。...
戦争が終り、世界の終りが始まった フィリップ・K・ディック「戦争が終り、世界の終りが始まった」を読んだ。 これは前に読んだことがある。 数ヶ月前、つくばに行ったときの話のなかで、...
愚行録 貫井徳郎「愚行録」を読んだ。 子供二人を含む一家惨殺事件があって、その事件の要因とかが少しずつ明らかになっていく。インタビュー形式の構成。 嫌い...
密室殺人ゲーム王手飛車取り 歌野晶午「密室殺人ゲーム王手飛車取り」を読んだ。 なんというタイトル…歌野晶午は売れる気ないんか? 待望の新刊である。なにかしら期待を裏切ってく...
新宿熱風どかどか団 また椎名誠「新宿熱風どかどか団」を読んだ。 このシリーズの中では一番あっさり目という感じの本作だけど、それでも楽しさが伝わってくるよねえ。 いろ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です