邪魔

邪魔

奥田英朗「邪魔」を読んだ。

長い。そして力作。
「最悪」を超えるインパクトは無かったけど、ぐいぐい読んだ。

なんでこうもごろごろ転がるかなあというくらい、人の不幸がうじゃうじゃと描かれる。
どう言っていいかわからんが、まあ面白かった。

長かったけどね。

それにしても奥田英朗、おそるべし。
いまどんどん図書館に予約を入れている。

今年の前半は伊坂幸太郎ばっかりだったけど、後半は奥田英朗ばっかりだなあ。
あと吉田修一とか。

 

邪魔〈上〉
奥田 英朗

邪魔〈下〉 最悪 マドンナ 東京物語 延長戦に入りました
by G-Tools

関連記事

プラネット・グーグル 「プラネット・グーグル」を読んだ。 面白かった。 グーグルの10年の歴史をだーっと解説していくんだが、取材やら引用やら、実によく調べたなあという...
誰でもない男の裁判 A.H.Z.カー「誰でもない男の裁判」を読んだ。 面白かった。世界初の短編集らしい。エラリー・クイーン・ミステリマガジン入選作などがおさめられてい...
2007年上半期に読んだ本 忘れてたが、2007年1月?6月に読んだ小説。   吉田修一「悪人」 吉田修一「女たちは二度遊ぶ」 吉田修一「ランドマーク」 奥田英朗「家日和...
ララピポ 奥田英朗「ララピポ」を読んだ。 これは…エロ小説か? いや、そこまででもないが。 そうか、そういうことか。奥田英朗が書きたかったのはこ...
新宿熱風どかどか団 また椎名誠「新宿熱風どかどか団」を読んだ。 このシリーズの中では一番あっさり目という感じの本作だけど、それでも楽しさが伝わってくるよねえ。 いろ...
謎の1セント硬貨 真実は細部に宿る in USA... 「謎の1セント硬貨 真実は細部に宿る in USA」を読んだ。 向井万起男という人の本だ。宇宙飛行士である向井千秋の旦那。 どこかの書評で好評だ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です