邪魔

邪魔

奥田英朗「邪魔」を読んだ。

長い。そして力作。
「最悪」を超えるインパクトは無かったけど、ぐいぐい読んだ。

なんでこうもごろごろ転がるかなあというくらい、人の不幸がうじゃうじゃと描かれる。
どう言っていいかわからんが、まあ面白かった。

長かったけどね。

それにしても奥田英朗、おそるべし。
いまどんどん図書館に予約を入れている。

今年の前半は伊坂幸太郎ばっかりだったけど、後半は奥田英朗ばっかりだなあ。
あと吉田修一とか。

 

邪魔〈上〉
奥田 英朗

邪魔〈下〉 最悪 マドンナ 東京物語 延長戦に入りました
by G-Tools

関連記事

重力ピエロ 伊坂幸太郎「重力ピエロ」を読んだ。 いや面白かったねえ。 最後、ちょっとジーンとしてしまいましたよ。 特に大仕掛けもなく、ストレートな話。...
新宿熱風どかどか団 また椎名誠「新宿熱風どかどか団」を読んだ。 このシリーズの中では一番あっさり目という感じの本作だけど、それでも楽しさが伝わってくるよねえ。 いろ...
謎の1セント硬貨 真実は細部に宿る in USA... 「謎の1セント硬貨 真実は細部に宿る in USA」を読んだ。 向井万起男という人の本だ。宇宙飛行士である向井千秋の旦那。 どこかの書評で好評だ...
2007年下半期に読んだ本と、2007年全体のベスト... 2007年下半期に読んだ本と、2007年全体のベスト。 あまり本を読めなかった。なぜだろう… 図書館で予約待ちになってる待機時間が多かった。その間は雑誌...
密室殺人ゲーム王手飛車取り 歌野晶午「密室殺人ゲーム王手飛車取り」を読んだ。 なんというタイトル…歌野晶午は売れる気ないんか? 待望の新刊である。なにかしら期待を裏切ってく...
空飛ぶタイヤ 池井戸潤「空飛ぶタイヤ」を読んだ。 面白かった。 フィクションであり、小説であり、ですが。でもこれは、2004年の「三菱ふそうリコール隠し」のこ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です