さまよう刃

東野圭吾「さまよう刃」を読んだ。

「手紙」「殺人の門」のような…構成。面白く読めたし、力作だと思う。
でも、「どちらかが彼女を殺した」みたいなのが読みたいなあいい加減。

殺人事件の、被害者側の視点にたった物語で、「手紙」と逆の構図である。
両方を読むと、いかに作者の意図によってどちら側も「同情しうる」ように見えてしまうか、というのがわかる。

「手紙」を読んで、すぐにこれを読むとそのへんがわかるかもしれないですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です