「コーラスライン」を観た。

1985年の作品。有名ミュージカルの映画化である。日本でも劇団四季のミュージカルが有名だし、知ってる人も多いことでしょう。観たことなくても劇中音楽はいくつも有名で、聴いたことあるのもあるはず。なんか随分前に一度観たような…よく覚えてないが。

マイケル・ダグラスが演出家役で出演している。マイケル・ダグラスは歌ったり踊ったりしない。でもヒット作にマイケル・ダグラスあり、である。

舞台はブロードウェイで、これから上演する作品のオーディションを行っていて、そこには多くのダンサーが詰めかけていた。ただしオーディションしているのはコーラスであり、主要キャストではない。かなりの脇役ではあるが、それでもオーディションにはたくさんの人が押し寄せる。なんとか役を得ようと必死になる。

そのオーディションの模様をひたすら追うのがこの映画だ。それぞれの役者たちのバックグラウンドが順番に描かれる。ミュージカルで。

ま、ミュージカルにありがちなエンタメ系とは一線を画しているところも斬新だと思う。多様な人種の、多様な生活苦も吐露されたりする。年齢的な厳しさも露呈したりする。
華やかなミュージカルで仕上げるところが逆に厳しい対比になっているのだ。だから、「いやあ面白いミュージカルだったねえ」とはならない。なんか凄かったな、という感じ。

いかんせん1985年である。映像はアレな感じだが、音楽は素晴らしかった。

 
コーラスライン [DVD]

コーラスライン [DVD]
ブロードウェイ♪ブロードウェイ コーラスラインにかける夢 (プレミアムエディション 2枚組) [DVD] Chorus Line ウエスト・サイド物語 (コレクターズ・エディション) [DVD] キャッツ 【ベスト・ライブラリー 1500円:ミュージカル&音楽映画特集】 [DVD] コーラスライン-ニュー・ブロードウェイ・キャスト・レコーディング/映画「ブロードウェイ(音符記号)ブロードウェイ~コーラスラインにかける夢」サウンドトラック
by G-Tools