「ニューヨークの亡霊」を観た。

ジェームズ・スペイダー、マイケル・ケイン。ほかにサム・シェパードやフランク・ホエーリー。
1998年の映画。出版社を継いだジェームズ・スペイダーが、あるアパート(分譲?)に引っ越してくると、そこにはマイケル・ケイン夫妻が幽霊として暮らしていて…という話。

いくらなんでも亡霊って邦題はないだろうと思った。
コメディである。あまり笑えないが。こういう幽霊との遭遇的なコメディだと、「愛が微笑む時」という名作が既に5年前に登場しているわけだが、それに比べて優れているところは発見できなかったかなあ。

やはりジェームズ・スペイダーに華がなさすぎるし、あと全体的なつくりも古臭い。1998年といったら世の中は「タイタニック」のロングランが話題になってるときですよ。

結婚直前まで行ってた男女のバタバタと、かつて有名な役者だった夫婦の物語。舞台は…ニューヨークなんだろうね、たぶん。サム・シェパードがこんな脇役で出てくるんですねって驚きもあった。さらにフランク・ホエーリーはほんの数分、一場面だけ出てくるというのもびっくり。あれは何だったんだろう。

うーん…どうだろう。「愛が微笑む時」を観たことがないなら、そちらを観たほうがいいかもですねえ。

 
ニューヨークの亡霊 [DVD]

ニューヨークの亡霊 [DVD]
クラッシュ 《ヘア解禁ニューマスター版》 [DVD] ザ・ウォッチャー [DVD] トゥルー・カラーズ [DVD] スピーキング・オブ・セックス (ユニバーサル・セレクション2008年第1弾) 【初回生産限定】 [DVD] 2 days トゥー・デイズ [DVD]
by G-Tools