光と影の誘惑

光と影の誘惑

貫井徳郎「光と影の誘惑」を読んだ。

中篇4つ。あんまり重くない文体でさらっと読める。
俗っぽい内容で、火サスみたいなクオリティという気がしないでもない。

銀行強盗のやつが凝ってたかなあ。でも序盤で大仕掛けには気づいてしまったけれども。
ほかの中篇もそうだけど、「ここ伏線ですからね」というのが親切すぎると思った。

また長編を読んでみたくなった。

関連記事

プリズム 貫井徳郎「プリズム」を読んだ。 好きか嫌いか、はっきりわかれると思う。 そういう作品であることは間違いない。 俺は、こういうのはありだと思...
崩れる 貫井徳郎「崩れる」を読んだ。 夫婦をモチーフに短編集。 なんかしらの心の機微とか、すれ違いとか、崩壊とか。 実に「世にも奇妙な物語」っぽい...
転生 貫井徳郎「転生」を読んだ。 非常に、非常に、東野圭吾「変身」に似てた。切り口はちょっと違うし後半の展開も違うが、それにしても似てると思った。 ...
被害者は誰? 貫井徳郎「被害者は誰?」を読んだ。 短編集。ストーリーを楽しむのではなくミステリークイズみたいな様相を呈しているので、本を読んでいるって気分にならんか...
追憶のかけら 貫井徳郎「追憶のかけら」を読んだ。 最後はちょっと雑な印象もあるが、全般的に力作。あっという間に読み進めた。 途中のボリュームのある手記がすごい...
夜想 貫井徳郎「夜想」を読んだ。 ある宗教団体の成り立ちの過程。(主人公は宗教じゃないと決めているが) ぐいぐい読ませる。力作だ。力作というよりか、作...