光と影の誘惑

光と影の誘惑

貫井徳郎「光と影の誘惑」を読んだ。

中篇4つ。あんまり重くない文体でさらっと読める。
俗っぽい内容で、火サスみたいなクオリティという気がしないでもない。

銀行強盗のやつが凝ってたかなあ。でも序盤で大仕掛けには気づいてしまったけれども。
ほかの中篇もそうだけど、「ここ伏線ですからね」というのが親切すぎると思った。

また長編を読んでみたくなった。

関連記事

Q&A 恩田陸「Q&A」を読んだ。 この作者のを読むのは初めて。以前、貫井徳郎「愚行録」を読んだときに、同様の形式でこの作品があることを知ったもの...
夜想 貫井徳郎「夜想」を読んだ。 ある宗教団体の成り立ちの過程。(主人公は宗教じゃないと決めているが) ぐいぐい読ませる。力作だ。力作というよりか、作...
崩れる 貫井徳郎「崩れる」を読んだ。 夫婦をモチーフに短編集。 なんかしらの心の機微とか、すれ違いとか、崩壊とか。 実に「世にも奇妙な物語」っぽい...
修羅の終わり 貫井徳郎「修羅の終わり」を読んだ。 分厚い本だったな、永遠に読み終わらないんじゃないかと思った。 たしかな読み応え。 3つの物語が進むこと...
愚行録 貫井徳郎「愚行録」を読んだ。 子供二人を含む一家惨殺事件があって、その事件の要因とかが少しずつ明らかになっていく。インタビュー形式の構成。 嫌い...
慟哭 貫井徳郎「慟哭」を読んだ。 「慟哭」といえば貫井徳郎の代表作ですが、これを読んだことがあったかどうか、わからなくなっていた。 嫁は「読んでるわよ」と...