光と影の誘惑

光と影の誘惑

貫井徳郎「光と影の誘惑」を読んだ。

中篇4つ。あんまり重くない文体でさらっと読める。
俗っぽい内容で、火サスみたいなクオリティという気がしないでもない。

銀行強盗のやつが凝ってたかなあ。でも序盤で大仕掛けには気づいてしまったけれども。
ほかの中篇もそうだけど、「ここ伏線ですからね」というのが親切すぎると思った。

また長編を読んでみたくなった。

関連記事

プリズム 貫井徳郎「プリズム」を読んだ。 好きか嫌いか、はっきりわかれると思う。 そういう作品であることは間違いない。 俺は、こういうのはありだと思...
失踪症候群 貫井徳郎「失踪症候群」を読んだ。 わりと普通。 全体的に少しトリックが仕掛けられているが、それは驚きの結末ってものではない。 うーん感想ら...
転生 貫井徳郎「転生」を読んだ。 非常に、非常に、東野圭吾「変身」に似てた。切り口はちょっと違うし後半の展開も違うが、それにしても似てると思った。 ...
神のふたつの貌 貫井徳郎「神のふたつの貌」を読んだ。 三章構成。大仕掛けが施されている。(でもかなり最初の段階で気づいてしまった) テーマはかなり意欲的だった。...
愚行録 貫井徳郎「愚行録」を読んだ。 子供二人を含む一家惨殺事件があって、その事件の要因とかが少しずつ明らかになっていく。インタビュー形式の構成。 嫌い...
崩れる 貫井徳郎「崩れる」を読んだ。 夫婦をモチーフに短編集。 なんかしらの心の機微とか、すれ違いとか、崩壊とか。 実に「世にも奇妙な物語」っぽい...