マドンナ

マドンナ

奥田英朗「マドンナ」を読んだ。

面白かった。今、読むから面白いのだろう。

そそる話が詰まってるのかと思いきや、そういうのではなかった。
軽く読めて、しかもどこにでも転がってるような作品ではない。いい感じで読めた。
(ちょっと綺麗にまとめすぎではないか、とも思うが)

奥田英朗って面白いなあ。

 

マドンナ
奥田 英朗

東京物語 イン・ザ・プール ガール 延長戦に入りました 最悪
by G-Tools

関連記事

松本清張全集1 「松本清張全集1」を読んだ。 収録されているのは「点と線」「時間の習俗」「影の車」である。 「点と線」「時間の習俗」それぞれ、アリバイトリックも...
空飛ぶタイヤ 池井戸潤「空飛ぶタイヤ」を読んだ。 面白かった。 フィクションであり、小説であり、ですが。でもこれは、2004年の「三菱ふそうリコール隠し」のこ...
2008年下半期に読んだ本と、2008年のベスト... 2008年の下半期に読んだ本と、上半期をあわせて一番面白かった本は。 いつも通り、対象となるのは7月-12月に読んだ本で、小説。 石持浅海「ガーディアン...
2006年 上半期に読んだ本のベストをやってみる... 2006年になって半年過ぎた。ので、上半期に読んだ本のベストをやってみる。(ブログのカテゴリわけって、こういうとき便利だ) 対象となるのは、「2006年1...
サウスバウンド 奥田英朗「サウスバウンド」を読んだ。 なんか最近は奥田英朗ばっかりだな。 前半と後半で、がらりと舞台が変わる。 ずいぶんと変わるのだ。...
ウランバーナの森 奥田英朗「ウランバーナの森」を読んだ。 ジョン・レノンが便秘に苦しんで、病院に行って、魂の救済をして、便秘が解消して、再び作曲に戻るってな話。 ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です