メタボラ

メタボラ

桐野夏生「メタボラ」を読んだ。

いや面白かった。
最後のほう、あれ?って感じにもなったけど、それでも全編夢中になって読んだ。

沖縄で記憶喪失で覚醒した青年が主人公で、一文無しの状態から住み込みの仕事とか経て、それで自分の居場所を少しずつ作り上げていくのだが、ある時記憶が蘇って。
主人公と親友になる友人の物語も同時に進む。

なんというか読み終わってみると、友人の物語は必要だったかなあと思わないでもない。が、なにしろ圧倒的な筆力だ。うまく説明しようがないが、あの文章力は一体なんだろう。読み始めたら止まらないというかとにかくドーンという奴だ。
なんだそれは。

桐野夏生の本はもっと読んでみるべきかもしれないなあ。

関連記事

2007年下半期に読んだ本と、2007年全体のベスト... 2007年下半期に読んだ本と、2007年全体のベスト。 あまり本を読めなかった。なぜだろう… 図書館で予約待ちになってる待機時間が多かった。その間は雑誌...
オーデュボンの祈り 伊坂幸太郎「オーデュボンの祈り」を読んだ。 不思議な話だったなあ。面白かった。 わりと大仕掛けはなく、不思議な話が不思議に終わった。 他の...
パレード 吉田修一「パレード」を読んだ。 面白かった。 ちょっと非現実的な設定だけど、いかにもそれっぽく話が進んで、それが心地よいというか興味深く楽しめた...
密室殺人ゲーム2.0 歌野晶午「密室殺人ゲーム2.0」を読んだ。 これは「密室殺人ゲーム王手飛車取り」の続編である。この「飛車取り」のほうは、なんというタイトルだと思っ...
オリンピックの身代金 奥田英朗「オリンピックの身代金」を読んだ。 一気に読んでしまった。 どんでん返しとかはない。直球で良質。 これは映画化を意識してるんだろうなあ...
松本清張全集15 松本清張全集15「けものみち」を読んだ。 面白かった。すごいボリュームでした。 ドラマは見てないけど、嫁に聞いた感じではちょくちょく脚色されてい...