メタボラ

メタボラ

桐野夏生「メタボラ」を読んだ。

いや面白かった。
最後のほう、あれ?って感じにもなったけど、それでも全編夢中になって読んだ。

沖縄で記憶喪失で覚醒した青年が主人公で、一文無しの状態から住み込みの仕事とか経て、それで自分の居場所を少しずつ作り上げていくのだが、ある時記憶が蘇って。
主人公と親友になる友人の物語も同時に進む。

なんというか読み終わってみると、友人の物語は必要だったかなあと思わないでもない。が、なにしろ圧倒的な筆力だ。うまく説明しようがないが、あの文章力は一体なんだろう。読み始めたら止まらないというかとにかくドーンという奴だ。
なんだそれは。

桐野夏生の本はもっと読んでみるべきかもしれないなあ。

関連記事

謎の1セント硬貨 真実は細部に宿る in USA... 「謎の1セント硬貨 真実は細部に宿る in USA」を読んだ。 向井万起男という人の本だ。宇宙飛行士である向井千秋の旦那。 どこかの書評で好評だ...
チルドレン 伊坂幸太郎「チルドレン」を読んだ。 面白かった。あっぱれだった。 二つの時間軸での短編集。なんか繋がってる。 陣内 というキャラクター...
I’m sorry, mama 桐野夏生「I'm sorry, mama」を読んだ。 なかなか面白かった。 最後のほうめちゃくちゃだったけど。 置屋に生まれて、誰が親だか...
2006年 上半期に読んだ本のベストをやってみる... 2006年になって半年過ぎた。ので、上半期に読んだ本のベストをやってみる。(ブログのカテゴリわけって、こういうとき便利だ) 対象となるのは、「2006年1...
2009年上半期に読んだ本 1月-6月に読んだ本で、初めて読んだ本で、小説。 いつものルールでまとめてみる。 東野圭吾「流星の絆」 東野圭吾「ガリレオの苦悩」 東野圭吾「聖女の...
女王様と私 歌野晶午「女王様と私」を読んだ。 好き嫌いがはっきりわかれそう。俺は面白く読めました。(ちょっとだるいところはあったけども) 全体的な大...