メタボラ

メタボラ

桐野夏生「メタボラ」を読んだ。

いや面白かった。
最後のほう、あれ?って感じにもなったけど、それでも全編夢中になって読んだ。

沖縄で記憶喪失で覚醒した青年が主人公で、一文無しの状態から住み込みの仕事とか経て、それで自分の居場所を少しずつ作り上げていくのだが、ある時記憶が蘇って。
主人公と親友になる友人の物語も同時に進む。

なんというか読み終わってみると、友人の物語は必要だったかなあと思わないでもない。が、なにしろ圧倒的な筆力だ。うまく説明しようがないが、あの文章力は一体なんだろう。読み始めたら止まらないというかとにかくドーンという奴だ。
なんだそれは。

桐野夏生の本はもっと読んでみるべきかもしれないなあ。

関連記事

白夜行 東野圭吾「白夜行」を読み終わった。 これはまさしく「読み出したら止まらない」本であった。読んでる自分で驚いていた。「何で止められないんだ!」 ...
密室殺人ゲーム2.0 歌野晶午「密室殺人ゲーム2.0」を読んだ。 これは「密室殺人ゲーム王手飛車取り」の続編である。この「飛車取り」のほうは、なんというタイトルだと思っ...
光源 桐野夏生「光源」を読んだ。 ある映画を作る現場のドタバタ。何人かの思惑とかが絡みあう。 最近の、読み応えがあるものとは違うなと感じた。 軽...
松本清張全集1 「松本清張全集1」を読んだ。 収録されているのは「点と線」「時間の習俗」「影の車」である。 「点と線」「時間の習俗」それぞれ、アリバイトリックも...
顔に降りかかる雨 桐野夏生「顔に降りかかる雨」を読んだ。 乱歩賞受賞作。 ということで、かなり初期のものだろう。 なんといいますか、実に乱歩賞なのです。これ...
赤朽葉家の伝説 桜庭一樹「赤朽葉家の伝説」を読んだ。 面白かった。 いやこれは非常に面白い本だった。久しぶりに「ああ読み終わるのがもったいない」と焦れながら読み...