人質カノン

4163160701.09.LZZZZZZZ.jpg

宮部みゆき「人質カノン」を読んだ。

なんか期待させるタイトルだが、読み終わるとまったく期待はずれだったことにがっくりする。
宮部みゆきといえば「火車」「理由」などだが、本当にはずれが多い人だと思う。

色々と読んでるが結局どれもこれも水準は低い。この「人質カノン」は短編集だけど、その中の「過去のない手帳」は毛色が変わっててまあ良かったものの、タイトル作である「人質カノン」もそんなたいしたことない。

これで単行本は1,359円か。いかがなものか・・・

関連記事

R.P.G. 宮部みゆき「R.P.G.」を読んだ。 綺麗な装丁である。題名で間口を狭めているような気がする。ちなみに題名には「ロール・プレーイング・ゲーム」とル...
東京下町殺人暮色 宮部みゆき「東京下町殺人暮色」を読んだ。 なんだこのタイトル… さてこれは新幹線の中であっという間に読み終わってしまった暇つぶし本なんですが、と...
闇に香るもの 北方謙三選「闇に香るもの」を読んだ。 今となっては随分と前、アパート探しに不動産屋をまわっていたとき、移動時間に何か読むもの・・・と、本屋で適当に...
誰か 宮部みゆき「誰か」を読んだ。 前半は面白かった。後半は・・・ なんか「模倣犯」と同じ感想です。この人はね、導入のぐいぐいとひきつけるパワーってい...
名もなき毒 宮部みゆき「名もなき毒」を読んだ。   図書館でかなり予約待ちとなっていた。 ずいぶん待たされたなあ。   最初のあたりを読んで、「な...
模倣犯 読んだよ、宮部みゆき「模倣犯」。 長かった。とにかく長かった。それしかない。 ひどいくらいに長かったなあ。 なんか水増しの印象が強く、中盤...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です