ビリー・バスゲイト

ビリー・バスゲイト

「ビリー・バスゲイト」を観た。

初めて観た。知ってたけど敬遠してた。その理由は昔のアメリカの話っぽいのと、心の交流とか描いた辛気臭い話かなあという先入観があったため。

全然違う映画なのな。ギャング映画だったのですか。
ダスティン・ホフマンがダッチ・シュルツというギャングを演じる。意外。ニコール・キッドマンはその情婦ぽい役。そして真の主役はローレン・ディーンという人だが、この人「エネミー・オブ・アメリカ」の参謀ぽい人じゃないか。へえ、こういうところで、野々村真の「遺産相続」よろしくチャンスを与えられていたわけだ。

スティーヴ・ブシェミが下っ端で出てきた。

どうしてもギャング映画って…感情移入できる要素がないな。銃社会アメリカはとんでもない国です。

 

関連記事

アストロノーツ・ファーマー 庭から昇ったロケット雲... 「アストロノーツ・ファーマー 庭から昇ったロケット雲」を観た。 ビリー・ボブ・ソーントン主演。ほかにヴァージニア・マドセン、Max Thi...
コールドマウンテン 「コールドマウンテン」を観た。 なんか重そうだなあ。南北戦争?一大叙事詩とかそういう感じかなあ。 そんな偏見を持って観た。果たしてそんな感じだっ...
ピースメーカー 「ピースメーカー」を観た。 前に観たのだが、嫁が「何だか今日は軽めの鉄板ものが観たいわね…「ピースメーカー」とか「トゥルーライズ」みたいな...
誘う女 「誘う女」を観た。 初めて観ると思ってたが、なんか観たことあった。いろんな場面を覚えている。 つまらん映画。うーん何がやりたかったんだろうなあ。...
虹蛇と眠る女 「虹蛇と眠る女」を観た。 ニコール・キッドマン、ジョセフ・ファインズ、ヒューゴ・ウィービング。 不思議な世界観、女性の多いスタッフ陣。そ...
オーストラリア 「オーストラリア」を観た。 ニコール・キッドマンとヒュー・ジャックマン。監督はバズ・ラーマンで、ああ「ムーラン・ルージュ」のコンビですか。 あれ...