「エンゼル・ハート」を観た。

前に観たことある。ミッキー・ロークにロバート・デ・ニーロ。全体的に悪魔的で猟奇的な感じ。なんかひたすらダークである。もう18禁的なシーンもざくざく。
ロバート・デ・ニーロに人捜しを依頼された、しがない探偵のミッキー・ローク。行く先々で色々な事件が起こり…という話。真実は意外にも…と、わりとどんでん返しもある。(どんでん返しがないと映画として成り立たないとも思うが)

ヒロイン役のLisa Bonetが「エネミー・オブ・アメリカ」のあの女性だったとは。まさかこんなところでこんなことをしていたのですね。しかもレニー・クラビッツと結婚して離婚してたとは。

あと、いろんな映画で個性的な演技を発揮するPruitt Taylor Vince(目がキョロキョロするのが特徴)が、まだ若き頃で痩せててびっくり。この人は最初っから太ってる貫禄の人だけど、加齢で太ったのですか。

ロバート・デ・ニーロは存在感たっぷり。あのロン毛とか爪とか卵とか、ギミックに凝るのもいかがなものかと思うけど、あの眼光するどい感じは凄いものだ。1987年の映画か。もう25年も前ということだ。

サントラが素晴らしい。いまもデジタルで買えるともっと素晴らしいんだが。
↓試聴は出来る
http://www.cduniverse.com/search/xx/music/pid/1056817/a/Angel+Heart.htm

 
エンゼル・ハート [DVD]
ウィリアム・ヒョーツバーグ

エンゼル・ハート [DVD]
ミシシッピー・バーニング [DVD] ナインハーフ[Blu-ray] イヤー・オブ・ザ・ドラゴン [DVD] ジェイコブス・ラダー [DVD] ナインハーフ[DVD]
by G-Tools