メッセンジャー

「メッセンジャー」を観た。

The Messenger

一瞬ホイチョイ?と身構えるわけだが、もちろんそういうことじゃなく2009年の作品。主演はBen Foster(「360」で必死になって自制する様子がとても印象的だったな)、そしてこれで助演男優賞にノミネートされたウディ・ハレルソン。

なんか最初から最後まで重い映画。よくテレビドラマや映画のなかで、唐突に訪問してきて、家人に息子さんは戦地でお亡くなりになりました云々と伝えに来る人がいるわけだが、あの突如訪問してくる軍人たちに焦点をあてた話だ。
なるべく早く、でも距離を置いて伝えにいく必要がある。どうみてもかなりスキル必要だと思う仕事だろう。悩みながら家族へ伝えに行く主役。それを世話しながら自らも段々と孤独に壊れていくウディ・ハレルソン。

途中で出てくるスティーヴ・ブシェミがまた強烈だった。以前は風貌の強烈さが目立ちすぎるところがあったが、老境に差し掛かりつつあるスティーヴ・ブシェミは渋すぎる。なんかもう本当にこういう人がいるんだろうな実際、というのを感じさせてくれる。

しかし驚いたのはサマンサ・モートンだ。「マイノリティ・リポート」ではまだあんな感じだったあのサマンサ・モートンがこうなってしまったのか?というくらい、時間は残酷だという変わりようだった。それでもヒロインぽい役回りをさせるというのは、あれはいいのか?という戸惑いもあたえてくれた。最初にBen Fosterと出会ったとき、親子?という感じですらあったのに…あれはいいのか?

 
メッセンジャー [DVD]

メッセンジャー [DVD]
ザ・マスター [Blu-ray] ゼロ・ダーク・サーティ コレクターズ・エディション(2枚組) [DVD] L.A.ギャングストーリー ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産) [Blu-ray] ハード・ラッシュ [Blu-ray] コズモポリス スチールケース仕様 【4,000個 初回数量限定生産】 [Blu-ray]
by G-Tools