ダンス・ウィズ・ウルブズ

ダンス・ウィズ・ウルブズ

「ダンス・ウィズ・ウルブズ」を観た。
ずっと昔に観たことある。通常版と4時間バージョンをそれぞれ観てるはず。
今回観たのは通常版。それでも3時間ある。長いねえ。

ところが長さを感じさせないんだ。いい作品だと思います。
ケビン・コスナーの落ち目っぷりは半端じゃないが、この時期はキングだったのだろう。よくこんな映画を撮ったもんだ。

少しずつ心の交流が進むところがうまいと思った。またそこにじっくり時間をかけていて良かった。
3時間というのは必然だったんだろう。終盤の白人が悪という描き方まできっちり3時間。

てっきり最初に観たときは、あのネイティブの人たちは本当にネイティブなんだと思ってた。
そうじゃないのか。そりゃあそうか、そうだよな。

タイトル(原題)は、 Dances with Wolves なので、狼と踊る男というのは三人称なのだな。自分で名乗るものではないのか。

 
1990年(第63回)アカデミー賞
作品賞受賞
主演男優賞ノミネート(ケビン・コスナー)
助演男優賞ノミネート(グレアム・グリーン)
助演女優賞ノミネート(メアリー・マクドネル)
監督賞受賞(ケビン・コスナー)
脚色賞受賞

 

ダンス・ウィズ・ウルブス [Blu-ray]

ブレイブハート(2枚組) [Blu-ray] グラディエーター ≪初Blu-ray化!!≫ タワーリング・インフェルノ [Blu-ray] コンタクト [Blu-ray] 300 〈スリーハンドレッド〉 コンプリート・エクスペリエンス [Blu-ray]
by G-Tools