「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」を観た。

まあ言うまでもなく、イギリスのサッチャー元首相をメリル・ストリープが演じるという映画だ。
サッチャー元首相をしげしげと眺めたこともないので、メリル・ストリープ演じるキャラクターが似てるのか似てないのかよくわからない。けれど、ああいう風に前歯を強調してるのなら、わりと目立ってたんだろうな、とか、猫背だったんだろうな、とか、そういう納得性の映画だ。

サッチャーの晩年と若き頃とを行ったり来たりする序盤と、首相になってから終わるまでの後半とか。あの若き頃を演じた女性のほうがノミネートされてしかるべきかと思った。が、後半はほとんどメリル・ストリープのみなので仕方ないのだろうか。

それにしても、メリル・ストリープってこの映画まで17回ノミネートされて、この映画で3度目の受賞ですよ。化け物だな。
映画自体はサッチャーの美談伝記になっているので、そこまで入れ込むような燃える映画要素は少ない。だけどメリル・ストリープの熱演は確かなものだった。しかし17回のノミネートで3度目の受賞って…すさまじい。

 
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 コレクターズ・エディション [DVD]

マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 コレクターズ・エディション [DVD]
マーガレット・サッチャー 鉄の女の素顔 [DVD] スーパー・チューズデー ~正義を売った日~ [DVD] ヘルプ~心がつなぐストーリー~ [DVD] アーティスト コレクターズ・エディション [DVD] マリリン 7日間の恋 [DVD]
by G-Tools