ヒルズ黙示録

ヒルズ黙示録

大鹿靖明「ヒルズ黙示録 検証・ライブドア」を読んだ。

読み応えあった。面白かった。
かなり村上ファンドについて詳しい。

テレビを観てるだけの知識では、とうてい追いつけないくらいの情報量。

そうかあ、そういうことだったんだ…と夢中になって読みました。
もっと専門用語に明るければ、深く読み進められるのだろう。それが残念。

良い本だったと思う。

別の本でやはりライブドア関連のものも読んだんだけど、あまりにつまらんかったのでここに書いてないのも幾つかあるのだけど、これは面白かった。

機会があればぜひ。

 

ヒルズ黙示録―検証・ライブドア
大鹿 靖明

ヒルズ黙示録・最終章 (朝日新書) ライブドア監査人の告白 ライブドアとの闘いの日々―こいつら初めからインチキだった!! トリックスター 「村上ファンド」4444億円の闇 追跡!ライブドア事件 残された10のミステリー
by G-Tools

関連記事

山ん中の獅見朋成雄 舞城王太郎「山ん中の獅見朋成雄」を読んだ。 面白かった。 冒頭からわけがわからなくって、途中からますます意味不明な展開になっていって、でも面白か...
プラネット・グーグル 「プラネット・グーグル」を読んだ。 面白かった。 グーグルの10年の歴史をだーっと解説していくんだが、取材やら引用やら、実によく調べたなあという...
容疑者Xの献身 東野圭吾「容疑者Xの献身」を読んだ。 直木賞受賞作。そうすねえ、ここ最近のではかなり良いほうじゃないでしょうか。 面白かった。 叙述であり...
密室殺人ゲーム2.0 歌野晶午「密室殺人ゲーム2.0」を読んだ。 これは「密室殺人ゲーム王手飛車取り」の続編である。この「飛車取り」のほうは、なんというタイトルだと思っ...
若者はなぜ3年で辞めるのか? 年功序列が奪う日本の未来... 城繁幸「若者はなぜ3年で辞めるのか? 年功序列が奪う日本の未来」を読んだ。 なかなか面白かった。 みんなが3年で辞めるわけではなくて、3年で3割...
謎の1セント硬貨 真実は細部に宿る in USA... 「謎の1セント硬貨 真実は細部に宿る in USA」を読んだ。 向井万起男という人の本だ。宇宙飛行士である向井千秋の旦那。 どこかの書評で好評だ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です