ビッグ・ピクチャー 顔のない逃亡者

「ビッグ・ピクチャー 顔のない逃亡者」を観た。

L'homme qui voulait vivre sa vie

主演はRomain Durisで誰なんだろう。ちょいちょいカトリーヌ・ドヌーヴが出てくる。

なんという邦題だろうと思う。あんまり観てほしくないのかなあという題名だ。もうちょい煽る感じのがいいと思います。

主人公の男はなんか鬱屈してる毎日なんだが、どうも妻が浮気してるっぽくて、やっぱり隣家の男とやっていて、頭にきた主人公は男を殺してしまう。しかし恐ろしいことをしてしまいどうしようと迷った挙句、男を始末して自分がその男として生きていくことに。そして…という話。

なんか設定からして無茶な逃亡悲劇という感じである。「太陽がいっぱい」と同じではないかという声もあるようだ。
別にパクったわけじゃないのでしょうがね。

それでも面白かったなら良いのだが、この作品、冒頭のカトリーヌ・ドヌーヴの絡みからして微妙すぎて、面白いとか面白くないとかの以前に展開と構図が退屈でした。
なんかもったいないところばっかりだ。

普通に「追跡者」とかのほうが面白いんじゃないでしょうか。

 
追跡者 特別版 [DVD]

追跡者 特別版 [DVD]
逃亡者 [DVD] チャーリー・バートレットの男子トイレ相談室 [DVD] 愛が微笑む時 [DVD] シャギー・ドッグ [DVD] キスキス バンバン -L.A.的殺人事件 [DVD]
by G-Tools