松本清張全集10

松本清張全集10「黒の図説」を読んだ。

黒の…ばっかりだ。また短編集。

・速力の告発
・分離の時間
・鴎外の婢
・書道教授
・六畳の生涯
・梅雨と西洋風呂

「鴎外の婢」は面白かった。鴎外の女中に注目して血縁を追跡。やがてその末裔が殺されてるんじゃないかっていう事件に繋がる。事件のくだりはアレだが、追跡するところはぐいぐい読ませた。

「六畳の生涯」はまあまあ。医者の家に同居する老人が、家政婦に恋をして、その家政婦が死んで…。松本清張の得意ジャンルじゃないだろうか。崩壊っぷりが。はじめ誰が主人公なのかわかりにくいのが難。

「梅雨と西洋風呂」はまあまあ。こちらも「六畳の生涯」と同じような感じ。狂っていくというか。導入が良いけど、失速しているのが残念だ。

ほかはいまいち。「書道教授」については、この前傑作選で読んだので飛ばした。

んー…短編は、いずれも導入はいい感じなのだがねえ。そのまま突き抜ける感じのが無いというか。
あと、叙述タイプが無いのでやはり古典ということになってしまうんでしょうかね。

まだまだ先は長いな。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です