ブロードキャスト・ニュース

ブロードキャスト・ニュース

「ブロードキャスト・ニュース」を観た。

てっきり社会派な映画かと勘違いしてた。
これはテレビ業界を舞台にした、ラブコメですか。

ホリー・ハンターが若い。若くてアイドルみたいだった。
あとウィリアム・ハートとか。ああ、ジャック・ニコルソンが出てきたときはびっくりしたな。

アンカーマンになる恵まれた男と、敏腕プロデューサーの女と、アンカーマンになれない不運な男と。
けっして社会派ではない。

正直なところ、これのどこがアカデミー作品賞ノミネートたる所以なんだろうと思った。
あと、終盤になってリストラ騒ぎの局内で「もう放っておいて休暇に出かけようよ」と言われてホリー・ハンターが「素晴らしいわね。そうしましょう」と返事するところは違和感ありまくりで、これ字幕か吹き替えが間違ったんじゃないかなあとすら思った。

あと全体的に長かった。

 
1987年(第60回)アカデミー賞
作品賞ノミネート
主演男優賞ノミネート(ウィリアム・ハート)
主演女優賞ノミネート(ホリー・ハンター)
助演男優賞ノミネート(アルバート・ブルックス)