追憶のかけら

4408534609.09.LZZZZZZZ.jpg

貫井徳郎「追憶のかけら」を読んだ。

最後はちょっと雑な印象もあるが、全般的に力作。あっという間に読み進めた。
途中のボリュームのある手記がすごい面白い。

この人は、これを34歳で書き上げたのか・・・すごいね。

amazonのレビューに、夏目漱石の「こころ」のような展開だというのがあったが、まさにその通りだと思った。なるほどな。

また、俺の好きな松本清張「ガラスの城」のような構成が盛り込まれていて・・・
いやたいしたもんだ。

しかし、終盤はちょっと雑で、それはどういうことかっていうと、東野圭吾の「白夜行」のときもそうだが残りページが少ないのに話が終わらなそうで「どういう風に終わらせる気だろう」と気を揉ませた感じが、あまりいい結果を残さなかったというような・・・わかりにくいか。東野圭吾「どちらかが彼女を殺した」のように、ばしっと決めてくれて終わってくれれば良かったのだが・・・

でも、良い作品でした。この人の「慟哭」は代表作と言われているようだが、俺はどこが面白いのかよくわからなかった。
だから再評価となったのでした。

いや、しかし結構最近本を読んでいるな。

 

追憶のかけら 追憶のかけら
貫井 徳郎

被害者は誰? 影踏み 空白の叫び 上 空白の叫び 下 真相
by G-Tools

関連記事

松本清張全集6 「松本清張全集6 球形の荒野/死の枝」を読んだ。 「球形の荒野」は、なかなか良かった。「死の枝」は、まあまあ良かった。 という感じでしょうか。 ...
松本清張全集4 松本清張全集4「黒い画集」を読んだ。 これは連作中短編。それぞれに関連性はないという作品集。昭和33年から35年にかけて週刊朝日で連載された。 ...
松本清張全集18 松本清張全集18「波の塔」を読んだ。 これは何というか、ドラマのノベライズのようだった。もしかしたら読んだことがなかったのかもしれない。 ミ...
女王様と私 歌野晶午「女王様と私」を読んだ。 好き嫌いがはっきりわかれそう。俺は面白く読めました。(ちょっとだるいところはあったけども) 全体的な大...
私が彼を殺した 東野圭吾「私が彼を殺した」を読んだ。 先日、古本屋で購入したものだ。それを一気に読むことにした。 読む前から思っていたが、この本、電車の中とかで...
パレード 吉田修一「パレード」を読んだ。 面白かった。 ちょっと非現実的な設定だけど、いかにもそれっぽく話が進んで、それが心地よいというか興味深く楽しめた...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です