崩れる

崩れる

貫井徳郎「崩れる」を読んだ。

夫婦をモチーフに短編集。
なんかしらの心の機微とか、すれ違いとか、崩壊とか。

実に「世にも奇妙な物語」っぽいのだ。どれもこれも。
すべて「世にも?」で映像化されても違和感ない。それくらい、コンパクトな短編集。

最初の「崩れる」と、途中の「誘われる」が良かった。
特に「崩れる」は、読み終わったあともう一回読んでしまった。なかなかだった。

崩壊していく救いのない感じがよい。

 
この作者のは敬遠しつつあったけど、そろそろガッツリ読んでみようかな。

 

関連記事

新宿熱風どかどか団 また椎名誠「新宿熱風どかどか団」を読んだ。 このシリーズの中では一番あっさり目という感じの本作だけど、それでも楽しさが伝わってくるよねえ。 いろ...
修羅の終わり 貫井徳郎「修羅の終わり」を読んだ。 分厚い本だったな、永遠に読み終わらないんじゃないかと思った。 たしかな読み応え。 3つの物語が進むこと...
ララピポ 奥田英朗「ララピポ」を読んだ。 これは…エロ小説か? いや、そこまででもないが。 そうか、そういうことか。奥田英朗が書きたかったのはこ...
密室殺人ゲーム王手飛車取り 歌野晶午「密室殺人ゲーム王手飛車取り」を読んだ。 なんというタイトル…歌野晶午は売れる気ないんか? 待望の新刊である。なにかしら期待を裏切ってく...
虚貌 雫井脩介「虚貌」を読んだ。 バイト先の人に「これは面白い。読み出したら止まらない」と言われ、貸してもらった本だ。俺にとって全く無名の作家というか、...
さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 山田真哉「さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学」を読んだ。 タイトルに惹かれて買ったのだが内容も良かった。面白く読めた。 ...