崩れる

崩れる

貫井徳郎「崩れる」を読んだ。

夫婦をモチーフに短編集。
なんかしらの心の機微とか、すれ違いとか、崩壊とか。

実に「世にも奇妙な物語」っぽいのだ。どれもこれも。
すべて「世にも?」で映像化されても違和感ない。それくらい、コンパクトな短編集。

最初の「崩れる」と、途中の「誘われる」が良かった。
特に「崩れる」は、読み終わったあともう一回読んでしまった。なかなかだった。

崩壊していく救いのない感じがよい。

 
この作者のは敬遠しつつあったけど、そろそろガッツリ読んでみようかな。

 

関連記事

オーデュボンの祈り 伊坂幸太郎「オーデュボンの祈り」を読んだ。 不思議な話だったなあ。面白かった。 わりと大仕掛けはなく、不思議な話が不思議に終わった。 他の...
謎の1セント硬貨 真実は細部に宿る in USA... 「謎の1セント硬貨 真実は細部に宿る in USA」を読んだ。 向井万起男という人の本だ。宇宙飛行士である向井千秋の旦那。 どこかの書評で好評だ...
Q&A 恩田陸「Q&A」を読んだ。 この作者のを読むのは初めて。以前、貫井徳郎「愚行録」を読んだときに、同様の形式でこの作品があることを知ったもの...
煙か土か食い物 舞城王太郎「煙か土か食い物」を読んだ。 いや、えらく面白かった。 なんすかこれは。こういう人がいたのか。 最初からすごい文体なんだが一気に...
密室殺人ゲーム王手飛車取り 歌野晶午「密室殺人ゲーム王手飛車取り」を読んだ。 なんというタイトル…歌野晶午は売れる気ないんか? 待望の新刊である。なにかしら期待を裏切ってく...
東京物語 奥田英朗「東京物語」を読んだ。 面白かった。軽くて楽しんで読めた。 まあよくある、著者の若いころのほろ苦い青春記、という類ですが… これは...