崩れる

崩れる

貫井徳郎「崩れる」を読んだ。

夫婦をモチーフに短編集。
なんかしらの心の機微とか、すれ違いとか、崩壊とか。

実に「世にも奇妙な物語」っぽいのだ。どれもこれも。
すべて「世にも?」で映像化されても違和感ない。それくらい、コンパクトな短編集。

最初の「崩れる」と、途中の「誘われる」が良かった。
特に「崩れる」は、読み終わったあともう一回読んでしまった。なかなかだった。

崩壊していく救いのない感じがよい。

 
この作者のは敬遠しつつあったけど、そろそろガッツリ読んでみようかな。

 

関連記事

重力ピエロ 伊坂幸太郎「重力ピエロ」を読んだ。 いや面白かったねえ。 最後、ちょっとジーンとしてしまいましたよ。 特に大仕掛けもなく、ストレートな話。...
山ん中の獅見朋成雄 舞城王太郎「山ん中の獅見朋成雄」を読んだ。 面白かった。 冒頭からわけがわからなくって、途中からますます意味不明な展開になっていって、でも面白か...
I’m sorry, mama 桐野夏生「I'm sorry, mama」を読んだ。 なかなか面白かった。 最後のほうめちゃくちゃだったけど。 置屋に生まれて、誰が親だか...
東京物語 奥田英朗「東京物語」を読んだ。 面白かった。軽くて楽しんで読めた。 まあよくある、著者の若いころのほろ苦い青春記、という類ですが… これは...
空飛ぶタイヤ 池井戸潤「空飛ぶタイヤ」を読んだ。 面白かった。 フィクションであり、小説であり、ですが。でもこれは、2004年の「三菱ふそうリコール隠し」のこ...
火の粉 雫井脩介「火の粉」を読み終えた。 うーん、最後は地味だった。 なんというか、ひねったとこはなく、王道のドラマのようであった。簡単にテレビ化できそうな...