ダブル・ビジョン

「ダブル・ビジョン」を観た。

台湾・香港映画なのだということは観始めて知った。
デヴィッド・モース繋がりでなければ、出会うこともなかった映画だろうなあ。

猟奇殺人事件(というか不可解事件)が連続発生して、FBIにアドバイスを仰ぐ的な展開となり、アメリカからやってきたのはデヴィッド・モース。
ということで、「セブン」「ブラックレイン」を足したような感じである。

そこに宗教をガンガン混ぜ込んだ感じ。

で、これが意外に面白い。
テンポもそれなりによくて話もわかりやすいし。何よりデヴィッド・モースの確かな演技を味わえる。

どうもある宗教が絡んでるっぽくてそこまで早めにたどり着く。
その総本山みたいなところで、とんでもない凄惨な場面があったりして、ああこれは人を選ぶ映画ですなあとかレーティングはどうなってるんだろうとか。

終盤、事件が解決したかに見えて実は解決してなくて、デヴィッド・モースが変死して、そこからオカルト大戦っぽくなるんだがそこが正直長いと思った。

でも、それなりに楽しめた。
台湾・香港おそるべし。