アメリカン・ラプソディ

「アメリカン・ラプソディ」を観た。

スカーレット・ヨハンソンとナスターシャ・キンスキー。他、Tony Goldwyn, Emmy Rossumなども。
2001年の作品だが、これはスカーレット・ヨハンソン目当てで観ると肩透かしだと思う。100分ちょっとの短い映画だが、スカーレット・ヨハンソンが出てくるのは後半の少しのところだからだ。
政情不安定だったハンガリーから脱出し、アメリカへ逃れた家族。その際に赤ん坊は連れていけずに里子に預けることとなった。その里子も成長し、親(ナスターシャ・キンスキー)の懸命な運動もあってアメリカへ連れて帰れることとなった。赤ん坊は6歳になっていた。で、アメリカに来たもののどこか馴染めず、思春期の反抗期になって(ここでスカーレット・ヨハンソン)自分のアイデンティティーがぐらぐらする。そのため、スカーレット・ヨハンソンは再びハンガリーに赴き、育ての親と再会する…

わりと悪くない映画なのです。話がしっかりしてた。監督が実際のモデルなのですね。入れ込みが半端じゃないのだろう。
スカーレット・ヨハンソンは「ゴーストワールド」と同時期なのだが、こういう作品がまわってくるっていうのは凄いんだなと思った。あの体型は非常にドラマの邪魔をしているが、演技力が評価されているのだろう。

ハンガリーに置いてきた自分探しという部分と、思春期の反抗期という部分がごちゃごちゃになってるのが残念といえば残念。
でも見ごたえありました。良作。

関連記事

セント・オブ・ウーマン/夢の香り A prep school student needing money agrees to "babysit" a blind man, but the...
ペインテッド・ヴェール ある貴婦人の過ち... 「ペインテッド・ヴェール ある貴婦人の過ち」を観た。 ナオミ・ワッツ主演。あとエドワード・ノートンとリーヴ・シュレイバー。米中カナダ合作だ...
007 スカイフォール 「007 スカイフォール」を観た。 ダニエル・クレイグの007シリーズ最新作。前作の「慰めの報酬」は面白くなかったような… なんでだろう。...
リトル・ダンサー 「リトル・ダンサー」を観た。 2000年のイギリス映画だ。タイトル・ロールであるビリーという少年の物語。 舞台は田舎町で(景色すごい。坂...
ゼロ・グラビティ 「ゼロ・グラビティ」を観た。 ちょうど一年前、そのまた一年前に観ている。三回目の鑑賞。こうなったら毎年観るかもなあ。 今回もやはり面...
タンタンの冒険 ユニコーン号の秘密 「タンタンの冒険 ユニコーン号の秘密」を観た。 スピルバーグ作品だが、CGであり、3D上映ということだ。 元々の原作が超有名らしいが知ら...