アメリカン・ギャングスター

アメリカン・ギャングスター

「アメリカン・ギャングスター」を観た。

リドリー・スコットとデンゼル・ワシントンとラッセル・クロウ。
成功は約束されたかのような組み合わせだ。

実話もの。
麻薬ギャングと、麻薬捜査官と。

そうか…そういう話なのか。
あんまり好きな感じじゃないなあ。

と、思ってたらすごく眠くなった。
これ、やたら長くないですか?実話もので話ものっぺりしてるから余計に眠くなる。

 
二人の演技は素晴らしいとは思いますがね、やたら眠くって辛かったですよ。
面白かったかどうかというレベルじゃない。

 
嫁は「そこそこ楽しめたわ」と言うが。

 

関連記事

トリプル9 裏切りのコード 「トリプル9 裏切りのコード」を観た。 出演陣がとても豪華。ケイシー・アフレック、キウェテル・イジョフォー、アンソニー・マッキー、アーロン...
大統領の執事の涙 「大統領の執事の涙」を観た。 フォレスト・ウィテカー主演のアメリカの長い長い物語。何代にもわたる大統領の給仕をした男の話だ。実話をもとにし...
ペリカン文書 「ペリカン文書」を観た。 これまでも何度か観ている。以前観たのは約5年前。話はほぼ覚えていない。 そうかこれ1993年の作品なのか。 ...
シン・シティ 「シン・シティ」を観た。 うーん微妙。 もともと「面白いんかなあ…」という気持ちで借りた。すでに後ろ向きである。 ロバート・ロドリゲスと相...
マン・オブ・スティール 「マン・オブ・スティール」を観た。 スーパーマンである。「スーパーマン・リターンズ」は一体なんだったのであろうか。 今回、実に「スーパー...
ハンニバル 「ハンニバル」は退屈な映画だった。さすがに最後はびっくりしたが、あれを松屋の牛丼を食いながら観るというのは大変なものだった。 日曜日だし、引越し作...