シン・レッド・ライン

シン・レッド・ライン

「シン・レッド・ライン」を観た。

なんか…辛かった。
面白くなくて。

「プライベート・ライアン」ぽい。どっちが先なんだろう。
この「シン・レッド・ライン」はテレンス・マリックという伝説化してた監督が20年ぶりに作ったのだそうです。
それでハリウッド・スターがわんさか押し寄せたということらしい。

実際、キャストはえらいことになってる。
エイドリアン・ブロディ、ジョージ・クルーニー、ウディ・ハレルソン、ニック・ノルティ、ショーン・ペン、ジョン・C・ライリー、ジョン・トラボルタといった感じ。

男、男の映画だ。

 
内容はというと最初にも書いたが、面白くなくて辛かった。
もう、なんでこんなに長いのよというくらい冗長だし、メリハリはないし、誰が主人公なのかはっきりしないし、目的も見えないし、絵はかっこ悪いしで、これはひどいもんだなあと思った。

 
戦場となる草原を滑るように動くカメラは美しいと思ったけど、それだけ。

 
これは観てはいけない。
 

1998年(第71回)アカデミー賞
作品賞ノミネート
監督賞ノミネート(テレンス・マリック)
脚色賞ノミネート

 

関連記事

ER 第5シーズンを観終わった ERの第5シーズンを観終わった。 第5シーズンはロス先生の降板が目玉でもあるが、それ以外も面白いエピソードは多い。 やはり観始めるとあっという間のERな...
unknown/アンノウン 「unknown/アンノウン」を観た。 2006年の作品。なんとなく存在は知ってたような気がする。でも食わず嫌いで観ていなかった。 キャ...
シザーハンズ 「シザーハンズ」を観た。 我ながらどうかと思うけど、俺は「シザーハンズ」を観たことがなかったのです。 なんでだろう。不思議だ。 (ティム・バー...
アンビリーバブル 「アンビリーバブル」を観た。 ホアキン・フェニックス、クレア・デーンズ、ショーン・ペン。 なかなかのキャスティングではないか。期待しないのが無理...
21グラム 「21グラム」を観た。 以前にも観たことある。力作。 監督はアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ、脚本はギジェルモ・アリアガという最強...
CODE 46 「CODE 46」を観た。 ティム・ロビンスの恋の話…なんかSF調で。 上海の、近未来ぽい舞台で、CODE46という触れてはならぬ決まりがありま...