ブラザーズ・ブルーム

「ブラザーズ・ブルーム」を観た。

エイドリアン・ブロディ、レイチェル・ワイズ、マーク・ラファロ、菊地凛子というキャスティング。悪くないメンバー。最後を除けば。

序盤は、おおいい感じじゃないかと思った。格好よさげな音楽と最新ぽい映像、映画ってこういう感じだなあと思わせるテンポ。
しかし中盤、レイチェル・ワイズが加わってなんか計画がゴロゴロと動き出すあたりから、「なんかトロい展開だなあ」「登場人物少ないなあ。同じような場面ばっかりだな」と、急激に眠くなる。
終盤は早く終わらないかなと思った。どうも展開にメリハリがないんだね。計画が壮大なのかどうかも伝わってこないというかね…エイドリアン・ブロディは何を悩んでいるのだという。

時折、「ここを観てよ!」的な、かっちょいい音楽と映像が挟まれる感じ。
どうも勘違いした映画だなあと思えた。菊地なんとかが出てるにも関わらず日本未公開という悲惨な作品。

 
背景として流しておくなら悪くないと思います。雰囲気映画。

関連記事

夫以外の選択肢 マーク・ラファロにナオミ・ワッツにローラ・ダーン。 この人たちの、じめっとした熟年愛憎劇とでもいいますか。 ナオミ・ワッツとローラ・ダーンだから...
ハッピー・フライト 「ハッピー・フライト」を観た。 すごーく前の作品だと思ったが、2003年のですか。いやそれでも7年前ですが、グウィネス・パルトロウ的には「...
ボーン・レガシー 「ボーン・レガシー」を観た。 ボーンシリーズの最新作。ということだが、これまでの監督ではなく、脚本のトニー・ギルロイが監督を兼ねている。 ...
シンパシー・フォー・デリシャス 「シンパシー・フォー・デリシャス」を観た。 マーク・ラファロ監督・出演で、主演のChristopher Thorntonが脚本も。 この...
ニューヨーク・ストーリー 「ニューヨーク・ストーリー」を観た。 キルスティン・ダンスト繋がりだが、まだ超無名で、顔もろくにうつってない。 この映画の存在自体は知ってたけど...
シャッター アイランド 「シャッター アイランド」を観た。 スコセッシとディカプリオのコンビが再びというやつだ。「ギャング・オブ・ニューヨーク」「アビエイター」「...