中庭の出来事

中庭の出来事

恩田陸「中庭の出来事」を読んだ。

うーん、なんだこりゃ。
読んでスカッとこなかった。

ある中庭で女優が死んだというのをメインに、劇中劇をぐつぐつやるので、だんだんと頭が混乱してくる構成。
演劇の内容と現実がオーバーラップするので虚構と現実が交錯する…といえば聞こえはよいが。

 
そんなに面白くなかったかな。

わけわからん雰囲気に持っていくのか、理路整然と行きたいのか、はっきりしなかった。
ただ不思議空間であのボリュームは辛いものがある。

あと最後のほう、かなり綺麗にまとめ出して、最後の最後で「でも本当かわかりませんよ」というように終わるのも…そんなまとめなくてもいいじゃないここまで来たんだから、という風に思った。

 
もうちょい…なんかもうちょいなんだよな。もったいないというか。

 

関連記事

2008年上半期に読んだ本 まるで忘れてしまってた。2008年上半期に読んだ本の総ざらえ。 対象となるのはいつものごとく、1月-6月に読んだ「小説」。   恩田陸「夜のピクニ...
夜のピクニック 恩田陸「夜のピクニック」を読んだ。 以前に「Q&A」を読んだときは微妙で(もう少し読んでみないと判断できない)という結論だったので、代表作を読んでみた...
Q&A 恩田陸「Q&A」を読んだ。 この作者のを読むのは初めて。以前、貫井徳郎「愚行録」を読んだときに、同様の形式でこの作品があることを知ったもの...