NINE

nine

「NINE」を観た。

nine

いやこれちょっとどうなのよ。
ミュージカルの映画化なんですか。オリジナルじゃなくて?こんなのミュージカルで上演してるすか。

もう少しも面白くなかったですよ。
ミュージカルが実は嫌いじゃないかも、と思うときもある俺だけど、これはいただけませんでした。

曲に良さを感じることができんのと、歌ってる人たちが「がなって」「崩して」ばっかりで、しかもそれが味になってなくて、話自体もつまらんし、全体的に壮大なマスターベーションの固まりである。「ヘアスプレー」とかせめて観ろよとか。

他がひどすぎて、まだケイト・ハドソンのシーンがましに見えたくらいだものなあ。
マリオン・コティヤールって普通の佇まいをやると、普通に綺麗なんですね。エディット・ピアフから入ってるもんだから…だんだん評価あがってくる。

関連記事

その男は、静かな隣人 「その男は、静かな隣人」を観た。 すごいタイトルではある。なんかパクリ要素満載だ。 大丈夫かなあ。   結果から言えば、俺はTSUTAY...
イントゥ・ザ・ワイルド 「イントゥ・ザ・ワイルド」を観た。 ショーン・ペン監督作。2007年の作である。 Emile Hirsch主演。実にディカプリオっぽい雰...
デッドリー・ドライヴ 「デッドリー・ドライヴ」を観た。 なんだこれは… というのが最初から最後まで続く感想。 よくわからない男女がドライブしているところから話...
NOTHING 「NOTHING」を観た。 「CUBE」のスタッフが結集。という触れ込みである。俺は「CUBE」をそんなに面白いと思ってるわけではないんだけど...
遥かなる大地へ 「遥かなる大地へ」を観た。 ああ、これは夫婦だった時代の共演なんですね。よくもまあ、そんなことをするね。 トム・クルーズとニコール・キッドマンは...
偶然の旅行者 「偶然の旅行者」を観た。 ウィリアム・ハート、キャスリーン・ターナー、ジーナ・デイヴィス。いずれも昔っぽさを感じさせるキャスト。これ1988年の作...