オリンピックの身代金

オリンピックの身代金

奥田英朗「オリンピックの身代金」を読んだ。

一気に読んでしまった。
どんでん返しとかはない。直球で良質。
これは映画化を意識してるんだろうなあ。スピード感あってよかった。

題名そのまんまで、東京オリンピック開催直前の物語なんだけど、その、国民全体の「まもなく東京オリンピックだ」という高揚感が実に伝わってきた。もちろん俺は生まれてもいないので実際の風景と比較はできませんが、臨場感があった。

あのテレビ局の人とか必要だったのかなあというところもあるが、全体的に面白く一気に読める。
正直なところ奥田英朗なんだから、もっと「最悪」「邪魔」くらい強烈なのでもいいんだが、あれはあれで疲れるし、これくらいがいいのかもしれない。

関連記事

ララピポ 奥田英朗「ララピポ」を読んだ。 これは…エロ小説か? いや、そこまででもないが。 そうか、そういうことか。奥田英朗が書きたかったのはこ...
フィッシュストーリー 伊坂幸太郎「フィッシュストーリー」を読んだ。 図書館で予約したのはいつのことだったか…えらく待たされて、やっと借りられたのである。 とんでもなく...
パレード 吉田修一「パレード」を読んだ。 面白かった。 ちょっと非現実的な設定だけど、いかにもそれっぽく話が進んで、それが心地よいというか興味深く楽しめた...
プラネット・グーグル 「プラネット・グーグル」を読んだ。 面白かった。 グーグルの10年の歴史をだーっと解説していくんだが、取材やら引用やら、実によく調べたなあという...
明日の記憶 荻原浩「明日の記憶」を読んだ。 若年性アルツハイマーと闘う家族の物語。 追体験っていうんでしょうか、読んでてちょっと苦しくなる。自分にこんなこと...
2009年上半期に読んだ本 1月-6月に読んだ本で、初めて読んだ本で、小説。 いつものルールでまとめてみる。 東野圭吾「流星の絆」 東野圭吾「ガリレオの苦悩」 東野圭吾「聖女の...