オリンピックの身代金

オリンピックの身代金

奥田英朗「オリンピックの身代金」を読んだ。

一気に読んでしまった。
どんでん返しとかはない。直球で良質。
これは映画化を意識してるんだろうなあ。スピード感あってよかった。

題名そのまんまで、東京オリンピック開催直前の物語なんだけど、その、国民全体の「まもなく東京オリンピックだ」という高揚感が実に伝わってきた。もちろん俺は生まれてもいないので実際の風景と比較はできませんが、臨場感があった。

あのテレビ局の人とか必要だったのかなあというところもあるが、全体的に面白く一気に読める。
正直なところ奥田英朗なんだから、もっと「最悪」「邪魔」くらい強烈なのでもいいんだが、あれはあれで疲れるし、これくらいがいいのかもしれない。

関連記事

火の粉 雫井脩介「火の粉」を読み終えた。 うーん、最後は地味だった。 なんというか、ひねったとこはなく、王道のドラマのようであった。簡単にテレビ化できそうな...
メタボラ 桐野夏生「メタボラ」を読んだ。 いや面白かった。 最後のほう、あれ?って感じにもなったけど、それでも全編夢中になって読んだ。 沖縄で記憶喪...
マドンナ 奥田英朗「マドンナ」を読んだ。 面白かった。今、読むから面白いのだろう。 そそる話が詰まってるのかと思いきや、そういうのではなかった。 ...
2006年下半期の読んだ本と、2006年全体のベストをやってみる... 2006年下半期の読んだ本と、2006年全体のベストをやってみる。 上半期もやったし。 前回と同様に、対象となるのは「7月から12月でこのページに書...
チェーン・ポイズン 本多孝好「チェーン・ポイズン」を読んだ。 面白かった。 自殺を考えてる人と、複数の自殺に関連性を感じて調査する人と、2つの物語が進む話。 ...
ヒルズ黙示録 大鹿靖明「ヒルズ黙示録 検証・ライブドア」を読んだ。 読み応えあった。面白かった。 かなり村上ファンドについて詳しい。 テレビを観てるだけ...