オリンピックの身代金

オリンピックの身代金

奥田英朗「オリンピックの身代金」を読んだ。

一気に読んでしまった。
どんでん返しとかはない。直球で良質。
これは映画化を意識してるんだろうなあ。スピード感あってよかった。

題名そのまんまで、東京オリンピック開催直前の物語なんだけど、その、国民全体の「まもなく東京オリンピックだ」という高揚感が実に伝わってきた。もちろん俺は生まれてもいないので実際の風景と比較はできませんが、臨場感があった。

あのテレビ局の人とか必要だったのかなあというところもあるが、全体的に面白く一気に読める。
正直なところ奥田英朗なんだから、もっと「最悪」「邪魔」くらい強烈なのでもいいんだが、あれはあれで疲れるし、これくらいがいいのかもしれない。

関連記事

容疑者Xの献身 東野圭吾「容疑者Xの献身」を読んだ。 直木賞受賞作。そうすねえ、ここ最近のではかなり良いほうじゃないでしょうか。 面白かった。 叙述であり...
謎の1セント硬貨 真実は細部に宿る in USA... 「謎の1セント硬貨 真実は細部に宿る in USA」を読んだ。 向井万起男という人の本だ。宇宙飛行士である向井千秋の旦那。 どこかの書評で好評だ...
最悪 奥田英朗「最悪」を読んだ。 力作だと思った。すげー面白い、というほどではないけど続きが気になってどんどん読んでしまった。時間が許せばワン・シッティ...
そして扉が閉ざされた 岡嶋二人「そして扉が閉ざされた」を読んだ。 なかなか面白かった。 男女4人がシェルターに閉じ込められる。その原因が、ある女性の自殺に関係してるの...
ララピポ 奥田英朗「ララピポ」を読んだ。 これは…エロ小説か? いや、そこまででもないが。 そうか、そういうことか。奥田英朗が書きたかったのはこ...
ラッシュライフ 伊坂幸太郎「ラッシュライフ」を読んだ。 いやー。 面白かったねえ。とても面白かった。 何も言うことはないよ。ぜひ誰もが読むべきだよこれ...