パンクス

「パンクス」を観た。

ジェシカ・アルバが出てる映画というかビデオ作品。1999年のもの。
まだジェシカ・アルバが無名に近い頃だろうか。

学校の冴えないグループが悪者と奮闘するコメディドラマ。少年の父親がとある研究所の研究員で、そこの研究成果が人体に危険なんだけど強行するオーナーがいて。
なんか視野が狭い世界観。自主制作映画かと思うようなチープ感も相当のものだ。どうして子どもたちが世界を救ってるのかうまく伝わってこない。

ジェシカ・アルバの下積み時代という趣である。観てはいけないとは言わないが、得をすることもないだろう。
あ、パンクスってのは少年たちの名前の頭文字をとった、この少年グループのグループ名だ。

 

関連記事

永遠の僕たち 「永遠の僕たち」を観た。 「アリス・イン・ワンダーランド」のミア・ワシコウスカ、Henry Hopperが主演。そして加瀬亮。監督はガス・...
0:34 「0:34」を観た。 なんでしょうこの題名は。原題「CREEP」…って全然違うじゃないか。 ひどい映画だった。なんでこんなものが出来上がるのか、...
タイムコード 「タイムコード」を観た。 2000年の作品。脚本監督は「リービング・ラスベガス」のMike Figgisである。 最初から思いっきり...
ザ・ホール 「ザ・ホール」を観た。 監督はジョー・ダンテ。主演はクリス・マッソグリア、ネイサン・ギャンブル(「ミスト」の主人公の息子か!)、ヘイリー・...
私が幸せになる恋のルール 「私が幸せになる恋のルール」を観た。 なんと2002年の作品。ブラッドレイ・クーパー目当ての客を見込んでの過去作品発掘なのだろう。タイトル...
ウィッカーマン 「ウィッカーマン」を観た。 結論から書くが、面白くなかった。ひどかった。 嫁も、エンドロールが始まった瞬間に「これは…来たわね。ここ最近で一番ひ...