パンクス

「パンクス」を観た。

ジェシカ・アルバが出てる映画というかビデオ作品。1999年のもの。
まだジェシカ・アルバが無名に近い頃だろうか。

学校の冴えないグループが悪者と奮闘するコメディドラマ。少年の父親がとある研究所の研究員で、そこの研究成果が人体に危険なんだけど強行するオーナーがいて。
なんか視野が狭い世界観。自主制作映画かと思うようなチープ感も相当のものだ。どうして子どもたちが世界を救ってるのかうまく伝わってこない。

ジェシカ・アルバの下積み時代という趣である。観てはいけないとは言わないが、得をすることもないだろう。
あ、パンクスってのは少年たちの名前の頭文字をとった、この少年グループのグループ名だ。

 

関連記事

幸せのセラピー 「幸せのセラピー」を観た。 アーロン・エッカートとジェシカ・アルバ。 この二人が主役のラブコメっぽく思えるDVDジャケット。でも実際は違...
セレステ∞ジェシー 「セレステ∞ジェシー」を観た。 邦題が何だかアレだが、原題は「Celeste & Jesse Forever」である。セレステとジェシーの...
ストレンジャー・コール 「ストレンジャー・コール」を観た。 いやーこれはびっくりな映画でしたよ。 こんなひどいのも久しぶりだ。まあ最近はなかなか当たりは少なくなってるが...
草食男子の落とし方 「草食男子の落とし方」を観た。 これはびっくり映画だった。 てっきり何年も前の作品のDVDスルーかと思ったが、それでも2009年の作品で...
チェルシーホテル 「チェルシーホテル」を観た。 イーサン・ホーク監督。ユマ・サーマン、ロザリオ・ドーソン、フランク・ホエーリーなどが出演。 伝説のChel...
余命90分の男 「余命90分の男」を観た。 これはテレビ映画なのだろうか?ロビン・ウィリアムズの遺作かと思ったがまだ残っているようです。「最後の主演作」と...