パンクス

「パンクス」を観た。

ジェシカ・アルバが出てる映画というかビデオ作品。1999年のもの。
まだジェシカ・アルバが無名に近い頃だろうか。

学校の冴えないグループが悪者と奮闘するコメディドラマ。少年の父親がとある研究所の研究員で、そこの研究成果が人体に危険なんだけど強行するオーナーがいて。
なんか視野が狭い世界観。自主制作映画かと思うようなチープ感も相当のものだ。どうして子どもたちが世界を救ってるのかうまく伝わってこない。

ジェシカ・アルバの下積み時代という趣である。観てはいけないとは言わないが、得をすることもないだろう。
あ、パンクスってのは少年たちの名前の頭文字をとった、この少年グループのグループ名だ。

 

関連記事

アリス 「アリス」を観た。 ウディ・アレンの脚本監督。ミア・ファローとジョー・マンテーニャ。あとシビル・シェパードとかアレック・ボールドウィン、ウ...
マチェーテ・キルズ 「マチェーテ・キルズ」を観た。 「マチェーテ」の続編。 まったくもう、続編なんて作るなよ…というのが正直な気持ち。前作も少しも面白くなか...
僕の大切な人と、そのクソガキ 「僕の大切な人と、そのクソガキ」を観た。 ジョン・C・ライリーと、マリサ・トメイ。あとCatherine Keenerとか。タイトルにある...
ニューヨークの亡霊 「ニューヨークの亡霊」を観た。 ジェームズ・スペイダー、マイケル・ケイン。ほかにサム・シェパードやフランク・ホエーリー。 1998年の映...
ジャガーノート 「ジャガーノート」を観た。 つくづくTSUTAYAの推す作品に信頼が置けない今日この頃だが、この映画はSCREEN増刊の本当に面白い映画ラ...
世界の教科書は日本をどう教えているか... 別技篤彦「世界の教科書は日本をどう教えているか」を読んだ。 うそ。途中でやめた。 うーんちょっと最後まで読む気がなくなってしまい、やめてしま...