サン・ルイ・レイの橋

「サン・ルイ・レイの橋」を観た。

やっと観られたなあという映画。
これ2004年の映画だが、未公開だったのだろう。やっとDVDではリリースされて(むしろよくされたなあと思った)。

でもキャストでいけばですね、F・マーリー・エイブラハム、キャシー・ベイツ、ガブリエル・バーン、ロバート・デ・ニーロ、ハーベイ・カイテルですよ。
…高齢化が進むなあ。

それでも、F・マーリー・エイブラハムなんて、実に粋なキャスティングじゃないですか。
ロバート・デ・ニーロとハーベイ・カイテルが普通に並んで立ってたりして、それはそれで貴重なショットもある。

話のほうはというと大したことではなくて、タイトルの橋は吊橋で、それが落ちたときに犠牲になった数人がいて、それぞれの人生が振り返るような内容。
どことなくミステリー臭もするが、別にそんなこともない。宗教色を強くしたいのかよくわからなかった。

はっきり言って面白くはない。
だから、よくDVD化されたもんだと思った。