ディスクローザー

ディスクローザー

「ディスクローザー」を観た。

Felony

キンキー・ブーツ」などで個性的な雰囲気を醸し出すジョエル・エドガートンが、脚本と製作も兼ねて主演。競演にジェイ・コートニー、トム・ウィルキンソン。あと「エイリアス」のローレンことメリッサ・ジョージが出てきて驚く。全体的に渋すぎるキャスティングだ。

刑事であるジョエル・エドガートンは仲間たちと楽しく飲んで、車を運転して帰る途中に自転車に乗った少年に接触し、はねてしまった。動揺するも発見者として通報するジョエル・エドガートン。そこへトム・ウィルキンソンがやってきて何やら吹き込む。あとジェイ・コートニーもやってきてジョエル・エドガートンを怪しむ。そんな三人の物語。

はねられた少年は病院に運ばれるも、やがて意識不明のまま亡くなってしまった。それをきっかけとしてジョエル・エドガートンは真実を打ち明けるか悩む。
渋いキャストというかジョエル・エドガートンが主役というところが渋すぎるんだけど、これが割りと良かった。本作をきっかけとしてジョエル・エドガートンは脚本を手がけるようになる。

世の評価はあまり高くないようだ。でも地味ながら全体的に雰囲気あってよかったと思う。

関連記事

いつか眠りにつく前に 「いつか眠りにつく前に」を観た。 原題が「Evening」で、わりと悪くない邦題だと思う。「イブニング」じゃあんまりだと思ったんでしょうね。 (悪く...
2008年上半期に観た映画 あららら忘れてたが、2008年1月?6月に観た映画のまとめである。 いつものように、対象となるのは初めて観た映画。テレビシリーズはのぞく。   ボ...
ボーン・スプレマシー 「ボーン・スプレマシー」を観た。 3年ぶり4回目。定期的に観ていることになる。前作を観たら必然的に観ることに、ということで子供たちと鑑賞。...
セルラー 「セルラー」を観た。 6年ぶり3度目の鑑賞である。初めて観たときも次に観たときも、今回観たときも感想は一緒。面白かった。 事態に巻き...
ヒアアフター 「ヒアアフター」を観た。 霊能力者(本物)の苦悩と、津波で死にそうになって人生観が変わった女性と、事故で双子の片割れを失った少年と...
インサイダー 「インサイダー」を観た。 前に観たのは6年前だ。 久しぶりにマイケル・マンの重厚長大な演出を堪能するべく久しぶりの鑑賞である。やはり面白...