風に舞いあがるビニールシート

森絵都「風に舞いあがるビニールシート」を読んだ。

短編集。うーむとりたてて特徴がなかった。…
だが、わりと面白かった。(面白かったのもあった)

表題作である、「風に舞いあがるビニールシート」という短編はそんなに好きになれなかった。
しゃれてる雰囲気を醸し出そうという文体についていけない…とか、そもそもテーマに現実感がない…とか。

でも全体的に、そんなに悪いわけではないけど、それでも光るものがないし、また読むかというとそうでもない。

悪くないんだけど、何も残らなかった。

辛口だなあ。こんなこと書いていいんやろうか。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です