マーサ、あるいはマーシー・メイ

「マーサ、あるいはマーシー・メイ」を観た。

Martha Marcy May Marlene

2011年の作品。「サイレント・ハウス」が実に強烈だったエリザベス・オルセン主演。日本での公開時期がだいぶ後になってるようだが、実際は「サイレント・ハウス」も本作も2011年の作品。エリザベス・オルセンはかなり衝撃の大型デビューという雰囲気になってるのだろう。以降、話題作に出演しているようだ。あとHugh Dancyとか。

とあるカルト集団から逃げ出して実家に戻ってきたエリザベス・オルセン。ストーリーはカルト集団に入って生活していく過程と、実家に戻ってきてからの生活と、並行して描かれる。
カルト集団も色々あると思うが、単なるフリーセックス奨励みたいな意味不明なものから犯罪行為まで様々である。ここで描かれる集団はやはり犯罪行為を厭わないところがあり、そこらへんがトリガーとなってエリザベス・オルセンは逃げ出すに至る。

わりと全体的に淡々としている話だ。淡々すぎるくらい。それに最後は非常に気になる終わり方だし。
えらく雰囲気でずっと引きずるのである。じわーっとしてる映画。
じわーっとする割には、エリザベス・オルセンは強烈すぎるところがある。映画を邪魔してませんか大丈夫ですかとか、気を使ってもらいたいものである。まあそういう言い方もないか。

しかし今後も大活躍してもらいたいのである。
映画のほうは良くわからなかった。