チェンジリング

チェンジリング

「チェンジリング」を観た。

実話ベースですか。クリント・イーストウッド監督ですか。

敬遠コースである。が、話題作だ。アンジェリーナ・ジョリーは助演女優賞ノミネートだ。
どんな話なのか予備知識は一切なしだった。

うーむ。結構よかったのでは。力作だった。
面白いというと不謹慎かもだが、こんなことが実話ベースで語られ出すと、アメリカはどうなってしまうんでしょう。

いやもちろん、不合理なことはあってはいけないんですよ。そういうことではなくて、こんな事実がWikipediaにも載るわ映画にもなるわ、しかも力作だわで、なんか恐ろしくなる。

ほんと、行動してくれる人が身近にいてよかったですね、というか。
あのまま病院に埋もれてしまったら大変だったですよね。

なんか、女子高生コンクリート詰め殺人事件とか、ペッパーランチ心斎橋店 女性客拉致監禁強姦強盗事件とかを思い出した。なぜだろう。
数十年経ってしまうと実名もへったくれもなくなりそうなのも怖いし、それでいて冤罪の可能性もなくならないことも怖い。
完璧に自白するような仕組みとか脳のなかをデジタル化して自動的に自白とか、そうなるしかないんじゃないか?

関連記事

メン・イン・ブラック3 「メン・イン・ブラック3」を観た。 シリーズ最新作。実に10年ぶりに続編が作られたのだという。 俺は「メン・イン・ブラック」シリーズをど...
愛しのローズマリー 「愛しのローズマリー」を観た。 初めて観たはずが、なんだか「どこかで観たような」既視感が抜けきれない。 でも面白かった。 外見の美しさでし...
ボーン・アイデンティティー 「ボーン・アイデンティティー」を観た。 久しぶりに第1作を観たくなった。なんか疲れてる夜は「あまり頭を使わずに観られて、重くなくて、ある程度面白さ...
サイレントヒル 「サイレントヒル」を観た。 三度目。前に観たとき、前々に観たときと感想はそう変わらない。良い意味で。 この映画ははっきり言って人を選ぶ作...
オオカミは嘘をつく 「オオカミは嘘をつく」を観た。 イスラエル映画。結構凄惨な内容で、それでいて話はわかりやすく、最後にはどんでん返しということで映画として実...
テイキング・ライブス 「テイキング・ライブス」を観た。 ジャケット写真に期待していなかったといえば嘘になる・・・ まあでも、サスペンス物はもともと好きなのだが。 ...