「告白」を観た。

同タイトルの作品は他にもあるが、1981年のロバート・デ・ニーロとロバート・デュバル競演の作品である。これ有名なんですかねー。前に一度観たことある。もうすっかり話を忘れていた。

二人は兄弟。ロバート・デ・ニーロが神父、弟。ロバート・デュバルが刑事、兄。とある事件の捜査によりチャールズ・ダーニングが容疑者っぽくなってくるんだが、そいつはロバート・デ・ニーロを含めに教会にズブズブに取り入ってる。事件の真相に近づくにつれてロバート・デュバルはロバート・デ・ニーロとの間に緊張感を感じてしまうのであった。というような話。

わりとあっさりというか、あっけない話ではあるのだ。しかし、それを2時間くらい重厚にやるもんだから眠くなる。音楽とかほとんどなくて、まあそれが雰囲気たっぷりの人間ドラマとか演技合戦とかいうと聞こえは良いもんだが、やっぱり眠いです。

ダン・ヘダヤが一瞬だけ出てきた。女優は…誰なんだろう。

二人のうち、どちらかというとロバート・デュバルが主演格かなあと思った。渋い演技。ロバート・デ・ニーロは思慮深げな雰囲気を醸し出していたが、ちょっと物足りない感じ。もっと前へ出てこいよと思わされる感じ。